人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

立山防空壕

長崎防衛本部
立山防空壕_c0048132_024414.jpg
立山防空壕_c0048132_0245326.jpg


長崎に勤務して、長崎原爆戦災誌を幾度となく繰り返し読んだ。
そのうち、あることが気になりはじめた。

原爆が投下されて市北部が大破壊され始めた頃、その緊急事態を長崎防衛本部に伝えたという警察情報が何度も戦災誌に出てくるのだ。

防衛本部って何だろう。それまで長崎の原爆遺構を巡り歩いたが、そういう名称の場所は見たことがなかった。
そこで、私は郷土史家や年長の被爆者に訊ねてみた。すると―、
「諏訪神社の傍にあったやつだろう」「今の県立図書館の山の中にあったとさ」という返事が返ってきた。どうやら、防衛本部は地下壕の建造物であったらしいという見当がついた。

私はその場所に行った。なるほど、目立たないが、図書館の横に穴が開いている。高さ2メートルほどの穴で入るとすぐ鉄格子ががはまっていて、それ以上進むことができない。ここは正面入り口で、他にも別の入り口があると、関係者は教えてくれた。立山の麓をずっと回ってみた。
山の腹をたどって行くと、コンクリートで塗り固められた大きな戸が3つほど並んでいた。このドアの向こうに長崎防衛本部があったらしい。それは立山の横っ腹をくりぬいて巨大な地下壕が作られてあったのだ。当時、空襲を避けるうえで、松代大本営のような地下壕が全国各地で作られてあったようだ。

その本部には30~50名の要員がいて、福岡や佐賀と電話連絡を常時とっていた。奥に知事室があって御真影が掲げられていた。いざとなったとき、県知事は県庁からそこへ避難して、救援本部として各方面に指示を出す場所となっていた。実際、永野知事は浦上に原爆が投下され大混乱が生じたとき、ここに入って警察を中心に救援体制を組むことになった。

福岡平和台の地下にあった西部管区の防空本部に「新型爆弾が長崎に投下された」という長崎からの第一報はここから打電される。

私がその壕の前に立ったのは被爆からおよそ40年経っていて、人々の記憶からはその存在が消えつつあった時期だ。日本が負けて米軍が進駐してきたとき、すぐその壕を閉じろと命じられ、以来封印されたままという話であった。

私はこの壕を何とか開けて、内部を見たいと思った。「土曜リポート」というドキュメンタリー番組に企画を提案したところ、やってみたらという返事が来た。

それからが大変であった。この壕を誰がどうやって開けるかということだ。一説によれば、米軍進駐前に日本軍の手によって閉じられた、そのとき、戸の内側に爆弾を仕掛けて、もし米軍が無理に開ければ爆発するようにした、というような噂もあった。上司もくれぐれも安全を第1にして撮影しろと忠告する。忠告はするが、別にいい知恵を出してくれるわけでもない。コンクリートで封印された戸を壊す重機などを借りる費用を出してくれるわけではない。

とりあえず、この壕は誰の手によって建設されたか調べた。大林組が担当していたと分かった。そこへ問い合わせたが当時の図面などないという。
私は粘った。もしこの戸を開けるということになったときは作業に協力してくれないかと頼みこんだ。すると、作った責任もありますから力を貸しますと返事があった。ただし、万が一のことが生じたら責任はそちらでと牽制もされた。

私は当時ここに勤務した人たちを出来るかぎり割り出して話を聞いて、この壕の構造などをおおよそ把握した。一番危険なことは長年密閉されていたので内部が酸欠状態かもしれない。中に侵入するときは万全の措置が必要だと、関係各所から忠告された。

いよいよ戸を削岩機で開けることにした。機械は大林組のものだ。ただし、先頭に私が立っていて万が一の場合はすぐ危機管理することと、大林組には約束した。
そして、穴が開いたら最初に入るのは私とカメラマンの二人が安全確認も兼ねて入るということにしていた。その際、酸欠の危険を考えて、県の消防本部から借りた酸素マスクを付けて入るという手はずにした。

当日、この地下の防衛本部でかつて働いていた警察官や女子挺身隊の人たちが見守る中で作業が開始された。
無事、戸は開いた。いよいよ私とカメラマンは内部に重装備で恐る恐る入っていった。壕のなかは小部屋がいくつもあった。通信機が置かれていた机などが見つかったが、機器などはいっさいなかった。最奥の知事室に入ると、御真影が置かれた穴が残っていた。もちろん御真影そのものはない。床にはところどころ水たまりがあった。バッテリーライトで照らし出しながら、慎重に撮影していたときだ。

カンカンカンという硬い靴音が乱れて近づいてきた。そして、その音の主たちは声を上げた。「いやあー、懐かしい。昔のままよ。」と中年女性が3人ハイヒール姿で酸素マスクも付けず無断で入ってきたのだ。元挺身隊の人たちだ。そして、重装備の我々と遭遇した。

「おうちたち、なんでそげん格好しとるとよ。大丈夫とさ。ここは隙間が多かったけん、空気はいっぱいあるとさ」と澄ました顔で、取材班の我々をたしなめるのであった。

こうやって苦労して、この壕を撮影し、この防衛本部に関わった人たちの証言も加えて番組にしたのは、それから半月後のことだ。以来、この壕は長崎に原爆投下されたときの重要なポイントであったという史実が知られるようになった。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-08-10 00:25 | シリーズ作品回顧 | Comments(0)
<< 夏休みのない夏休み 忘れられた原爆 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧