人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

夏の日の出来事

夏の日の出来事


代々木公園を深町の方から上がってゆくと、夏の雲がわいていた。白くまばゆいその雲はバックの空の青さと対比していっそう白かった。夏の終わりを思わせる、透き通った空が広がっていた。

シンガー・ソングライター小椋佳.
第一勧業銀行に勤務するかたわら音楽活動を始め、「シクラメンのかほり」「夢芝居」「愛燦々」など多数のヒット曲で知られる。

49歳のとき、残りの人生は音楽を作ることで生きていることを実感したいと、惜しまれつつも銀行を退社。その後、年間平均50曲のペースで歌を作り続けてきた。その小椋に、4年前57歳のとき胃がんが発覚した。7時間にもおよぶ大手術で胃の4分の3を切除した。

以来、限りある命の時間を、「美しく生きる」ことが小椋の望みであり願いとなった。
その小椋の思いを伝えたいと2年前の夏、小椋佳の半生を描く番組を制作した。そのとき、心に残る恋の話を見聞した。

小椋佳は、1944年上野の料亭の長男として誕生。父親が趣味で奏でる琵琶を聞きながら育った。勉強はよく出来た。黒門小学校の頃、美しい少女と同じクラスになり、ほのかに思うようになった。その人の名前は佳穂理といった。

東大法学部に入学し、司法試験をめざすようになる。好意を抱いていた少女は私学に進み、演劇を志望し有名な劇団で嘱望される存在になっていった。
そして、小椋は彼女に自分の気持ちを打ち明けた。ところが、少女はあいまいな返事しかせず、小椋は失恋してしまった。

この悲しみを振り払うように、福島県の山間の村に小椋は逃避行する。
福島、磐梯山近く五色沼のほとりにある、早稲沢村。そこは当時流行り始めた学生村だった。今と違って草深い田舎だった。その村のほとんどの姓は小椋と名乗っていた。小椋佳は失恋の痛みを忘れようと、司法試験の勉強に向かう。ところが、村仕事に招かれ手伝ううちに、そのカントリーライフに夢中になる。そして、法律書より哲学書に惑溺する。当初の目論見と外れたが、小椋は楽しんだ。いつか、恋の痛みもすこしずつ消えていった。否、恋を直視することから離れようとしていたのかもしれない。

そんなある日、小椋を訪ねてきた一人の少女がいた。振られたと思った佳穂理である。
彼女は小椋を拒否したわけでなく、ただあいまいに返事をしただけなのに、小椋は一人合点で振られたと思い込んだのだ。

それから数日、佳穂理は小椋の妹という触れ込みで、同じ宿に逗留する。
後にその人佳穂理は、小椋夫人となるのである。
「望みや願いは、強く願っていると出会いという媒介を導引する、その出会いが成就への道筋をつくる、そんな気がするのである」と小椋は言う。

小椋佳という芸名がなぜ生まれたかもう言わなくても分かるだろう。佳穂理夫人とのフシギな出会いの思い出がその由縁だ。早稲沢村の多い姓、小椋。佳穂理の佳。この二つから成る。

北国の夏の村に、ある日現われた少女。
まるで、映画の一場面ではないか。今日のまばゆい雲を見ていて、この話を思い出した。
あ、最後に気が付いた。「シクラメンのかほり」。かおりでなくかほりだったんだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-08-07 18:45 | シリーズ作品回顧 | Comments(1)
Commented at 2006-08-16 10:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 批評ということ 広島にいた外国人 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧