人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ラストコメント

ラストコメント

今、ナレーション録りを終えて、本郷からもどった。
本日使用したスタジオは、岩波映画社にいた人が所有しているそうだ。道理で、水道橋あたりにあったわけだ。
ミキサーは、黒木監督の映画に関係してきた人物。彼はこの部屋には慣れているが、私や語りの加賀美さんは初めてでとまどうことも少なからずあったが、予定の時間を20分延長するだけで作業を終えた。

これも、加賀美さんの詠みが深く安定しているおかげだ。この語りを録るとき、ナレーターは原盤の音を聴きながら発語する。
人によっては、自分の声もイヤーフォーンに入れてというのだが、加賀美さんはできるだけ自分の声は絞ってくださいと言う。

どうやら、加賀美さんは番組の固有の音に耳を澄ませながら、自分の声を出していくタイプらしい。
ディレクターの文体が整っていない悪文でも、加賀美さんの声にかかると、名文に聞こえる。
例えば、
Q 地元の旧制小林中学に入学した黒木和雄。
戦局が悪化した昭和20年4月、川崎航空機工業都城工場に勤労動員されました。そこで黒木和雄はその後の運命を変える5月8日をむかえます。
沖縄から飛来した敵機グラマンの突撃の爆撃により、級友10名が即死したのです。

この数字をいくつか含んだややこしい文章を、加賀美さんは分かりやすく詠み伝えてくれるのだ。

さて、ナレーション原稿は昨夜のうちにかなり作ってある。だが、最後のナレーションのコメントは出来ていなかった。
ラストコメントというのは本当に難しいのだ。番組全体を見通して、結びの言葉でありメッセージや願いをこめておかなくてはならないのだ。この言葉はすぐには出てこない。録音作業を続けるなかで、次第にラストコメントのイメージがおぼろに出てくる。

そして、最後に至り、最後のあがきとなる。この番組がうまくいったかどうかは、12日の番組を見て欲しい。
ここで番宣。
放送日:8月12日、教育テレビ 夜10時から11時半まで
ETV特集「戦争へのまなざし~映画作家・黒木和雄の世界~」語り:加賀美幸子、朗読:石橋蓮司

この録音を終わって出てくると、後楽園から歓声が聞こえてきた。夏休みで子供たちがはしゃいでいる。自慢じゃないが、現役時代、子供を連れてディズニーランドへ行ったことは一度もない。他の遊園地へも行ったことはほとんどない。夏はいつも原爆、戦争の特別番組の制作に追われていた。家族は、私が不在であることを当然と思っていた。
しかし、今、電車などで行楽地へ向かう子供たちを見かけると、あのときいっしょに遊んでやれば良かったかなあと思うこともある。
夏盛り 影絵のごとき 遊園地
なんだ、まんまの句じゃないか。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
ラストコメント_c0048132_19445790.jpg
ラストコメント_c0048132_1945941.jpg

by yamato-y | 2006-08-03 19:37 | ブロギニストのDJ | Comments(0)
<< フィルムコミッション ちょっと出掛けに >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧