人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

怪人X面相

鮎川信夫の奇怪な人生

大伴昌司が周囲にまったく身元を明かさなかったことは有名だ。なにせ、急死したとき、身寄りが見つからないと愛宕署に一晩収容されたほどだ。小松左京や星新一ら作家はともかく、日頃行動を共にした少年マガジン内田勝編集ですら、死後、大伴の正体を知り、両親と相見えるのも遺体検案室でのことであった。怪獣博士は怪人でもあったのだ。

世の中は広いもので、大伴と似たような怪人はいた。しかもとびっきりの怪人だ。
詩人、鮎川信夫。昭和61年に成城の甥の家で、ファミコンを見学中に急死する。これだけでも十分変だ。享年66。

現代詩、特に戦後詩において鮎川は「思想詩人」として重要な役割を果たす一方、ミステリーやワイアット・アープの伝記を翻訳するなど多彩な人物であった。晩年はゴルフ、磯釣りに熱中していた。

ただ一人の弟子河原晋也は、鮎川のことを「幽霊船長」と綽名した。
「謎の怪人」といわれた鮎川は極端な秘密主義者だった。実家以外のことはいっさい素性を明らかにしなかった。母が元気なうちは彼女が秘書代わりで、会見も母の家で行われた。直接、彼と連絡をとるのが難しく、中継者を介して連絡を入れ、折り返し本人から電話が来るまで待たねばならなかった。

鮎川の母がまた怪人なのだ。若い頃相当の美人だったと思われるが、老いて稀代の毒舌家、悪戯好きになったという。言及すればきりがないので、一つにとどめるが、吉本隆明に関することだ。
鮎川と吉本の仲は知られている。最初の頃、吉本もときどき鮎川の実家を訪れることもあったが、あるとき母は吉本に「貧乏書生は子供をこさえるものでない」と、説教垂れたという。懲りて、吉本は出入りしなくなったとか。毒舌、悪戯、枚挙に暇ない。意地悪サッチャンと噂された。

人は鮎川を独身主義者だと思っていたが、30年連れ添ったフミ子夫人という存在が死後になって判明するのだ。
その夫人がまた奇怪な人だ。炊事洗濯まるで駄目。浮世離れした、学究の徒であった。

隠れ家はつたがびっしり覆った木造の平屋。まるで物置のようなところに鮎川は妻と住んでいた。寝室兼仕事場はくもの巣が張りほこりがうず高く積もっていた。部屋にはガラクタや古着が積まれ、膨大な英語の雑誌が散乱していた。整理整頓という俗世間のいじましい徳目はここにはない。――まるで幽霊船だ、この部屋を死後見学した河原はそう思った。以来、河原は鮎川のことを“幽霊船長”と呼ぶようになる。

河原はフミ子夫人から次々と意外な話を聞かされる。それは、長年付き合ってきたダンディな鮎川とはまったく異なるイメージであった。
●料理の苦手な夫人のために、刺身をさばいたり、湯豆腐をこさえたりした。
●気前がよく、ゴルフ麻雀と遊びなれた鮎川だったが、家ではスーパーの景品クーポン券をせっせと集めて台紙に一枚一枚貼り付けていた。
●長年付き合ってきた甥ですら、妻の存在は知らされていなかった。

以前、北村太郎に関する「北村太郎を探して」という本について触れたことがある。北村も鮎川と同じ「荒地」の主要メンバーであった。この本は北村が亡くなったことを契機に書かれたものだ。そこに、北村の中学校時代からの友人で詩人・英米文学研究である加島祥造の講演が収録されていて、こんな発言を加島がしている。

《一九五三年に僕は、そこの山下公園に繋留されている氷川丸で、アメリカに留学に行ったんです。(中略)戦後のアメリカに行く留学生では、僕はごく初期の留学生で、その見送りには、北村と最所フミが2人だけ来てくれたんだ。どうして北村が来てくれたのか、いまだによく分からない。あの人が心の中で僕をそんなに大切に思ってくれていたとは考えられないんだ。もう1人は最所フミ、彼女が来たのは、当時僕らは一緒に暮らしていたからね(笑) 》

最所フミとは戦後日本でもっとも有名な女性の英米言語研究者。後に鮎川の妻となる人物だ。戦後間もない頃、雄鶏通信社にいた加島が、リーダーズダイジェストに勤務していた最所フミに、進駐軍向けの新聞に英文コラムの執筆を依頼したことがきっかけで、荒地のメンバーをの交流が始まった、ということが真相らしい。今や信州に隠遁して、道教を英訳したりして仙人のように暮らしている加島が、鮎川の妻とかつて恋人同士であったとは。

詩人鮎川信夫が怪人というより、詩人およびその周辺の人たちはみな怪人だった。なんか、アダムスファミリーを見ているようだ。大伴昌司は単独犯罪、鮎川信夫は集団犯罪ということか。
今、職場は明日から始まる引越しで大騒ぎ。私は、2本の番組のナレーション原稿のチェック。多忙のはずだが、この鮎川のことを書いておかないと気がすまない。なんだ、かんだで、またブログライティング。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-07-28 16:14 | Comments(0)
<< 20年前のゲド戦記 鮎川信夫、その詩 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧