人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

被爆のマリア

被爆のマリア_c0048132_1344368.jpg
被爆のマリア



タイトルに惹かれて田口ランディの小説「被爆のマリア」を買った。ウェブの小説で名を馳せた人だから、“保守的な”私としてはこれまで敬遠して読んだことのない作家だった。ところが、この題名の小説を読んでみると、いたって普通の文学であった。
物語は――

主人公は、ビデオ店で働く若い女性だ。何でも頼まれると断れないタイプで、お金も貸してしまうし、身体も許してしまう。そんな自分が嫌のだが、嫌われたくないという思いのほうが勝ってそうなってしまうのだ。同僚の男性がそんな彼女を案じている。彼は、主人公のことをアダルト・チルドレンではないかと考え、幼い頃に何か傷ついたことはないかと問う。幼少期どころか、現在でも彼女は父の暴力に苛まれていた。やがてそれはエスカレートし、母と共に父から逃亡するが、やがて捕まり、母はその暴力の中、死んでしまう。

そして、彼女は被爆のマリアに祈るのだった。長崎に原爆が落ちたときに破壊され、首だけになった焼け焦げの「被爆のマリア」に。原爆というとてつもなく大きな悪意に対して無抵抗で被爆していった無原罪のマリア・・・。

このマリア像は見覚えがある。それどころではない。私の心に深く刻印されている。20年前、長崎三ツ山の純心女子大の学長室で目にして以来、脳裏から去ったことがないのだ。

長崎浦上。江戸時代以来、キリシタンたちが潜伏してきた地だ。江戸末期から明治初年にかけて、キリシタンであることが発覚して何千人という村人が流罪となった。浦上4番崩れと世にいう事件だ。刑を終えて村人がもどったのは明治6年(1873)のことだ。半数近い者が流罪先で亡くなっていた。生きて帰村した1883人は荒れた浦上の地を復興させてゆく。そして、力を合わせて念願の天主堂建設を始める。20年ほどかけて大正3年、東洋一の煉瓦造のロマネスク様式の大聖堂が完成させた。祭壇にはイタリアから送られた無原罪の聖母の像が奉られた。美しい像であった。それから30年経った。

1945年8月、浦上天主堂の上空500mで原子爆弾が炸裂した。一帯は猛火に包まれ地獄と化し、浦上に住んでいた12,000人の信者のうち、8,500人がその日に亡くなった。 天主堂には、被昇天の祝日の準備のため信者24名と司祭2名がいたが、全員が即死、天主堂は深夜まで燃え続けた。浦上の丘は廃墟となった。その年の10月、一人の復員兵が浦上の廃墟を訪れる。 長崎の出身で、北海道の修道院に帰院する途上の野口神父であった。 師が深い祈りをを捧げている時、瓦礫の中から、真っ黒に焼け焦げた顔が、深い悲しみをたたえて自分をみつめていることに気付く。 天主堂の祭壇に奉られていた聖母マリアのお顔であった。野口師は、このマリア像を自室に安置して毎日祈っていたが、「このような聖なる物を私していることに後悔をおぼえ」、原爆三十周年の年、片岡弥吉氏の手を通じて浦上天主堂に返上した。

片岡弥吉氏は浦上キリシタンの末裔で、キリシタン研究の第一人者だった学者だ。二人の娘はシスターとなり、現在純心女子大の学長と教授となっている。弥吉氏の死後、そのマリア像は娘に託された。その片岡千鶴子シスターから、20年前に「被爆のマリア」を見せていただいたのだ。お顔をみたとき感動した。美しい面が焼け焦げ、眼は失われて眼窩はむき出しとなっているが、慈愛と呼びたいような微光が放射していた。

このマリア像をめぐる物語を、私は最初に著した本のなかで紹介することになる。その本とは、「キミちゃんの手紙」(未来社)で、兵器工場に動員されていた女子挺身隊の被爆記録である。この本には、私の長崎勤務で学んだことをすべて書き込んだ。私にとって長崎とは、原子爆弾の被害とキリシタンの栄光であった。
被爆のマリア_c0048132_13445111.jpg
かつてのマリア像
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-07-26 13:44 | 魂のこと | Comments(0)
<< 引越し騒ぎ とべない沈黙に導かれて >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧