人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

一つめの峠を越えた

黒木和雄・戦争レクイエム4部作
一つめの峠を越えた_c0048132_16444588.jpg
紙屋悦子の青春

今、「戦争へのまなざし~映画作家・黒木和雄の世界~」の4回目の試写を終えた。やっと一つの形になっていた。
ディレクターのDさんはこの2日間に相当頑張った。努力のあとが、編集テープ80分に表れていた。

助かった、というのが今の私の実感だ。もし、今日のバージョンで出来上がっていなければ、最悪の状態が起きていただろう。
編集締め切りが今週の金曜日。それまでに、間に合わせるには、私自身が編集室に入り込んで、1カット毎に指示することになる事態であった。そうなると、本日から3日間は不眠不休の編集作業となる予定であった。まさに死のロードになるところであった。
だが、最悪の事態は回避できたので、今夜は安心して鍼灸を受けにタケ先生の治療院に行くことができる。
一つめの峠を越えた_c0048132_16445828.jpg



映画監督、黒木和雄。新作「紙屋悦子の青春」の完成を見届けた直後の4月12日、脳梗塞で急死した。行年75。ドキュメンタリー映画から出発した氏は、晩年、戦争に関するドラマを4本製作した。
●長崎の原爆投下前24時間を描いた「TOMORROW/明日」
●監督自身の戦争体験を映画化した「美しい夏キリシマ」
●原爆投下から3年経った広島の父と子を描いた「父と暮らせば」
そして、今回の「紙屋悦子の青春」。敗戦直前の鹿児島。特攻を志願する若者に恋をする悦子の青春を描いたもの。

今回の番組はこの4本の作品に流れる、黒木の戦争へのまなざしを見つめてゆくものだ。

敗戦のわずか3ヶ月前、昭和20年5月。中学校3年の黒木は勤労動員として、宮崎の兵器工場にいた。運命の5月8日を迎える。その朝は曇っていた。空襲警報が鳴り、黒木や級友らは避難する。その途中飛来した敵機グラマンに奇襲され、10人の友が死ぬ。黒木の横を歩いていた親友宗方周広もその犠牲となる。

「脳天を真っ二つに割られ、私の方に『助けてくれ』と手をさしのべる宗方君を見捨てて、私は恐怖のあまり無我夢中で逃げたのだ。この『裏切り』にも似た私の行為はのちのちまで私の心をさいなんだ。」と黒木は書いている。この体験は黒木のいわゆるトラウマとなったのだ。

この体験が長く黒木の心に影を落とし、やがてそれは映画作品となって、表現されることになった。

黒木の戦争映画に戦場は出てこない。戦闘シーンもない。彼が描きたかったのはそういう非日常ではない。いま生活しているのと同じ日常的な生活が、戦争によって異常なものに変わらざるを得なくなるということを、”しつこく"見つめたのだ。

番組では、最後の作品となった「紙屋悦子の青春」を評論家の加藤典洋氏に見てもらった。試写を見終えたあと、氏は「傑作です」と一言告げた。急死したとはいえ、黒木和雄は達成するべきものを達成して、この世を去っていた。

しつこく、番組の宣伝をしておく。

8月12日(土) 夜10時から11時30分まで。教育テレビ。
ETV特集「戦争へのまなざし~映画作家。黒木和雄の世界~」
見て欲しい。特に若い世代に。
一つめの峠を越えた_c0048132_16451334.jpg
父と暮らせば

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-07-25 16:50 | Comments(0)
<< とべない沈黙に導かれて リテラシーすること >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧