人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

あかい痣の記憶

あかい痣の記憶

かなかなが鳴いている。今日一日雨がなかったものの、依然涼しく夕方になってもいっこうに気温は上がらない。もみじ山は車や街頭音もないので、ひぐらしがそのまま聞こえてくる。

 今年はチェルノブイリ事故が起きて20年になる。事故のあった6月頃にはテレビは最近の現地の様子を伝える番組を次々に報じていた。その一本をさきほど見た。「チェルノブイリ・20年目の歌声」。
事故のあったウクライナの町に住んでいた子供たちが成長して、あの悲劇を歌声と舞踊劇で伝えているという話だった。その劇団の名前はチェリボナ・カリ―ナ。ロシア語で“病を癒す赤い木の実”という意味だ。

 その団員の一人をカメラは追う。20歳になろうとする彼女は、事故当時母の胎内にあった。母は今も後悔している。爆発が起きたと聞いてアパートの屋上に上がって、その爆発炎上する光景を見ていたのだ。そのときに大量の放射線を浴びて、わが子に大きな影響を与えたと彼女は認識していて、自分を責めていた。実際、その子の体調は不安定である。

だが、若かった母親を責められない。原発の危険性など何も知らされていない段階で、何かが起きたと野次馬気分になるのはやむを得なかったのだから。

 私には左足の腿に大きなあかい痣(あざ)がある。立って手を下ろしたあたりにそれはあって拳ほどの大きさである。
この痣が出来たことについて、母から聞いたことがある。
産み月に入って、母は実家の大津へ帰っていた。冬のある夜、滋賀県庁が火事になった。大きな火事だったので大騒ぎとなり、家人や近所の連中はみな火事場見物に出かけた。母も見たいと思ったが、妊婦は見たらあかんと祖母から注意された。だが、好奇心を抑えることができず、路地にまで走り出た。見上げると大きな炎が上がっていて、火の手は実家まで来るかもしれないと思うほどの勢いだったそうだ。妙に興奮していたと、母は思い返す。

 火事を見て体のどこかに触ると、生まれてくる子供に痣か黒子が出来るという話を、母は不意に思い出した。試したくなった。だが、もし本当にそうなると、目立つ部位ではまずいだろうと考え、差し障りのない場所として選んだのが左腿だった。固く握りしめた拳をそっと当てたという。

 私が誕生して、左の小さな足にくっきり赤い痣があるのを見つけたとき、母は驚いたが誰にも言わなかった。成長するにつれ、私の痣は大きくなっていった。

この話を成長して聞かされたとき、私は本気で母をなじった。「ひどいことをするなあ。ヒトの体を使って試すなんて」と言うと、母は申し訳なさそうにうつむいていた。

それからさらに5年ほど経って、なぜそんなことをしたのかと聞くと、小泉八雲の小説にそんな話があったからだと、母は小さな声で言った。

 しかし、八雲の中にそんな作品はない。ただ死者が臨終に生まれ変わりを約して、自分と同じ場所に痣をもつ子を探せという、似たような話はあった。だが、身篭っていた子供に現れるということなどどこにも書かれていない。が、おそらく、この物語が話の出所だろう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-07-22 19:55 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 烏帽子岩が遠くに見える 2つの運命 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧