人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ヒロシマ、ナガサキへ

ヒロシマ、ナガサキへ

まもなく8月が来る。
 現在、原爆に関する番組を制作中である。昭和57年に、長崎で被爆者と出会って以来20年にわたり、その実体を伝えることを使命と感じて番組を制作してきたが、定年3年ほど前から、制作する機会が減っていた。今年は久しぶりにこの課題に取り組むことができた。

 今年の春先に、衛星放送の編集責任Nさんと話し合いをもった。母上が被爆体験をもつNさんは、ヒロシマ、ナガサキそしてビキニに対して人一倍大きな関心をもっていた。彼は広島平和記念公園をもういちどきちんと見直してみたらどうだろうと、重大なヒントをくれた。私はディレクターのSさんとすぐに現地へ入り平和公園が誕生してから今までの事実を洗った。広島の事実はもはや広く流布し、たいていのことは知らされていると思っていたがそうでもないということを実感した。かつ、若い世代にはほとんど伝わっていないということも判明した。
 ――伝えなくてはならない。

 昔、私がディレクターとして取材したときのノートを引っ張り出して、この連休読み込んでいる。今、読んでもドキリとすることが書いてある。

 ある哲学者が語ったエピソード。
「日本を旅行した教え子のフランス人女性から、もういちど核爆弾が落されるとしたら、それは日本人の頭上にであろう、という感想を聞かされた。」

 アメリカの歴史学者の声
「ヒロシマ、ナガサキの声が西側諸国に届いていない。届いても声は弱い。日本政府や日本人がこの問題について語るのを好まないのではないかと感じる。まるで日本人全体がこの問題で記憶喪失か健忘症になっているかのように思える。」

 ある記者の声
「核兵器の威力についてのみ声を高くし、核兵器の人間的悲惨についてまったく語らない彼ら」

 アメリカの政治学者の声
「大切なのは、過去について語り続けることだ。ヒロシマ、ナガサキは日本国民全体のメモリーにならなければいけない。と同時に、戦時中に行った日本の残虐な行為についても記憶されねばならないだろう。歴史を忘れると、一つの政策決定がまるでそれ以外に選択の余地がなかったかのように受け止めてしまい、同じ誤りを繰り返す。」

〈原爆をよく理解した、語りつくしたという人がいる。広島のことばかり言っていると、日本を侵略するかもしれない国を利する結果になるじゃないか、そういうことを言う人がいます。
原爆をよく理解した、もう人間はこの悲惨を繰り返さないだろうと、こういう愚かしいことを繰り返さないだろうと、広島、長崎について言える人はいないはず。というのは、現に今も、世界中をいくたび打ち壊してもあまるほどの原爆水爆があるのですから。〉
これは、1986年に大江健三郎から聞いた言葉だ。

大江は直後に受賞したユーロパリア賞のスピーチでこう語っている。
〈私はその文体によって、ヒロシマの破壊を経験した日本人を、またアジアとの和解を希求する、新しい日本人像を文学のモデルとして作り出すことを希望してきました。〉
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-07-17 18:54 | 新しい番組を構想して | Comments(0)
<< 忙しいと言いつつ 道ということ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧