人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

大伴怪獣館

大伴コレクションの一部、円谷監督のスナップ、怪獣たち
大伴怪獣館_c0048132_1834929.jpg
大伴怪獣館
大伴怪獣館_c0048132_184174.jpg



本日の日曜日、池上にある大伴昌司の仕事部屋(通称大伴怪獣館)で撮影をしている。
午前中から部屋の飾りこみをはじめ、午後2時に出演者が入って本番撮影となる。

この館は大伴がなくなってから17年間は、母四至本アイさんの意向ですべて残されてあった。私がドキュメンタリーを制作した1986年当時もすべて保存されていた。
ところが20年を過ぎた頃から、アイさんは少しずつ処分を始めた。出入りした愛好家たちが勝手に持ち帰ることもあった。それやこれやで、この数年のうちに部屋はすっかり様変わりしてしまった。貴重な大伴資料も減り、参考文献や写真類はかなり散逸してしまった。手付かずで残ったのは大伴が集めたLPレコードだけ。

その大伴の部屋を本日復元したのだ。彼が死んだ直後に夕刊フジのカメラマンが仕事部屋、机の上を撮影してあったので、それを手がかりに飾りこんでみた。たくさんの茶封筒に仕舞われていた原画や原稿を引き出してきて机に置いたり書棚に並べたりした。大伴昌司原作の「WOO」第5話の台本はスタッフがコレクターから借り出すなどして立派に仕上がった。

さて、その作業中に大伴の資料が至るところから発見され、あらためて彼の好奇心、才能を知ることとなった。膨大な紙焼きやスライドの写真がある。円谷作品の撮影風景であったり黒沢の「どですかでん」のメイキングであったり、テレビの収録風景であったりするものだ。なぜこういうものを集めたのか、どうして集める気になったのか、理由は判然としないが、おそらくどこを探してもこれほどの質と量を備えたコレクションはざらにないだろう。

2時過ぎ、番組のキャスターみうらじゅんさんと谷村美月さんが怪獣館にやって来る。美月さんは今回の「WOO」の主演だ。撮影スタッフ、付き人、運転手総勢10名余りとなり、ひさしぶりに大伴さんの部屋は笑い声に満ちる。撮影の合間に母の四至本アイさんは歓迎の挨拶をされる。嬉しそうだ。

撮影が始まると、みうらさんは大伴の仕事ぶりにいっきに心を奪われたようだ。原画に目を近づけて熱心に細部を確認する。撮影が終わった後、大伴の仕事をぼくはなぞるに過ぎなかったとみうらさんは大きくため息をついた。むろんみうらさんの謙遜であり大伴へのオマージュであるのだが、大伴びいきの私としては嬉しかった。

この部屋は1973年当時で時が止まっている。その後に生まれた美月さんにとっては部屋の備品や調度品は珍しいものばかり。懐中電灯、ポスター、文房具、等々。なかでもLPレコードプレイヤーが珍しくて、針飛びの意味が分かったとスタッフにささやく。

午後3時半、本撮影が終わった。出演者やマネージャーたちは帰り、撮影スタッフだけでブツ撮りとなる。
私はこの時点で怪獣館を辞去した。
大伴怪獣館_c0048132_1841325.jpg
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-07-09 18:04 | 大伴昌司の遺産 | Comments(0)
<< 柴田洋太郎さんのこと 二人の音楽家 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧