人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

二人の音楽家

二人の音楽家

審査するために、現在50本のドキュメンタリーを順に試写している。その中にクラシックの音楽家の作品が2本あった。
1本はヴァイオリニストの五嶋龍、もう一つは小沢征爾である。二人とも世界的に知られた音楽家だ。

人間的な魅力はたしかに二人とも凄い。画面を通してでもその人格のオーラが滲み出てくるようだ。

だが才能のある人を対象にした番組というのは、往々にしてその才能の所以が飛ばされてしまう。天才の天才たるところは当人にとって意識の外にあるのだろう。だから、そこを掘り下げたり説明したりはしない。むろん、作品中でそういうことをあからさまに当人がしたら、相当嫌味で観客は引くにちがいない。

だからこそ制作者、つまり取材する人間がそこをしっかり見つめ炙り出す手法をもたないといけないのだ。ところが、この2本はそれができていない。これらの才能ある人と親しく交流しているというだけの関係になっている。

早い話、お仕事しながら美味しい取材をしているというオキラク感を払拭するのは、相当難しいと思った。

小沢の番組で驚いたことがある。中国の若手の演奏家を寄せ集めてオーケストラにするという企画を小沢が立てたときだ。わずかな練習で本番を迎えるというストーリーの流れがある。
最初の練習を終えたあと、団員が去った席の一つ一つを指しながら、ここのヴァイオリンたちは音色がずれていると小沢が一人ひとり指摘していく。一人ひとり演奏させたわけでないのに、40人ほどの全体練習の中で、一つ一つの楽器の音色を小沢は聞き分けているのだ。凄いと思った。
音楽の世界では当然のことなのかな。私のような素人から見ると途轍もないことに思えるのだが。

五嶋龍の録音の場面、超絶のテクニックでエネルギッシュに弾きあげる。若いといっても一回演奏するだけで相当疲労するだろうと思われる。録音をするディレクターやミキサーのほうはOKを出しているが。龍はいまひとつ納得がいかないと2度3度とトライする。そのこだわりを実行するときの彼の爽やかさに驚いた。無敵の天衣無縫ぶりだ。

これは小沢にもあった。


二人の音楽家_c0048132_20564236.jpg


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-07-08 20:48 | 2004年度ドキュメンタリーの現場 | Comments(0)
<< 大伴怪獣館 門前の小僧 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧