人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

小児病棟

小児病棟

若い時代からの友人タキさんは川崎にある総合病院の小児科医である。優秀にして円満な人物だが、時折酒を呑んでおおいにはしゃぐことがあった。走れエイトマーンと叫びながら、たった一つの芸「エイトマン」を演じて近所を走り回るのだ。そういうときはいつも最後に泣き言を言ってだらしなく寝入ってしまう。あの穏やかなタキさんが泥酔するなんてとフシギに思っていたら、やがてその理由が判明した。彼が担当していた難病の子供が亡くなったときに、その現象が現われるのだ。不器用な彼は悲しみの感情をどうやってコントロールしていいか分からず、酒を呑んで騒いでいたのだった。
人が死ぬのは悲しい。ましてや幼い子供が苦しんだ挙句死をむかえるのは、耐え難い悲しみになるのだろう。

昨夜遅く、小児病棟の特集番組2時間をDVDで見た。ATP賞にエントリーされた作品ということで、半ば義務として視聴したのだがそこに描かれた世界に圧倒された。1歳児から18歳の少女まで、いわゆる小児専門の病棟で起きた出来事をカメラは凝視していた。登場する人たちはすべて顔を隠していない。中にはこの撮影の途中で亡くなる人もいるが、けっしてその人たちにモザイクをかけたり顔を外して撮影するような術策をとっていない。制作者の姿勢に、好感をもった。

闘病する子供全員に敬意をもつが、なかでも難病で18歳になるまで小児病棟でずっと生きつづけたエリコさんには感動した。精確な病名は明かされていないから、偏見のつよい病気かもしれない。彼女が3歳ぐらいのとき病院へ入ったときの映像が残っていて、それを見ると下膨れの色の白い目のぱっちりした女の子だ。おかっぱ頭で日本人形のようである。
そして18歳となった現在が映しだされる。18歳とは思えない小柄で体重はわずか20㌔しかない。何より顔が大きく変貌していた。色白だった皮膚がどす黒く沈み、豊かだった黒髪は抜け落ちてまばらとなっていた。適切な表現でないかもしれないが、被爆直後のヒバクシャのような風貌となっていたのだ。この15年間にいったい何があったのだろうか。

18歳になって、彼女は施設からの退院を迫られることになっている。病院以外に社会を知らない彼女に前途は何があるのか。彼女は経済的に自立しようと、ベッドで出来る居職としてビーズ細工を熱心に行う。運命を呪うようなことも言わず、黙々とビーズでアクセサリーを作り上げてゆく彼女の姿に思わず落涙しそうになる。
たまに母がやってくる。母は再婚して、近頃子供を産んだ。エリコさんはその母に恨み言一つ言わず、まだ見たこともない妹の誕生を祝福する。
「ぽっかりあいた私のアナをすっぽり埋めてくれて有難う」と彼女は未知の妹に手紙を書くのだった。口先でないのは、カメラは妹のことを語るエリコさんの優しい本当の笑顔をとらえているから。

退院する日が近づいている。自立するために彼女はせっせとビーズ玉に糸を通す日がつづく、と思った矢先、腎臓に異常が発現した。意外なぐらいあっけなく18歳の少女は死んでゆく。マザーテレサのような魂をもつ少女エリコさんはこの世から去ったのだ。

正直に言うと、このドキュメンタリーには不自然なことが多い。はっきりしない病名、家族との関係、院内学級のこと、退院後の人生設計、と一々に説明を求めたくなるほど、構成が荒い。というか、何か言えないものを抱えているのだろうかと勘ぐりたくなる。
おそらく表に出せない事情があるのだろう。表現できるぎりぎりのところで制作者はカタチにしたのだろう。一定の不満はあるにしろ、エリコさんという人格の崇高さに見る側は圧倒され、番組は深い感動を残してくれた。次の朝が早いので寝なくてはと思いつつ、深夜2時まで画面の前から離れることが私はできなかった。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-07-06 22:15 | Comments(0)
<< 京言葉を聞きながら 祇園祭が近づいている >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧