人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

今年も始まった審査

ATP賞の審査

今年もATP賞の審査が始まった。いつもより半年スケジュールが繰り延べされた。本賞の決定はこれまでの秋始めから10月半ばとなった。
私は昨年に引き続いて審査員を「拝命」した。
委員会のメンバーは3分の1が変わったが、残余は昨年と同じ人たちで、私も気がらくだ。今年は自分自身の本来業務との調整が相当きついことが予想され知人でないと無理なお願いができないと案じていたが、私が担当するドキュメンタリー部門には心強いメンバーがいた。テムジンのYさんが昨年に続いて入ってくれたのだ。

昨年の審査はドキュメンタリー作品を40本ほど全部見ることとなった。今年はそれよりも10本多い50本。さらに8月~9月に放送された作品も追加で審査するという。1本平均60分としても、3000分つまり50時間のドキュメンタリーを見る義務が審査員に課されていたのだ。

冗談じゃない。この試写を7月24日まで済ませておけというのだ。普段の仕事をしながら応募作品を全部見るとしたらいつどこで見ることになるのか、場所と時間を確保しておかねばならない。おまけに、私は8月5日、7日、12日に放送する番組をかかえている。この番組の仕上げがいっせいに7月下旬に動き始めるのだ。時間のやりくりが付かない。もはや顔色真っ青の状態が予想される。

とりあえず、7月25日から30日かけて、黒木和雄のドキュメンタリーのナレーション入れ、広島平和公園のドキュメンタリーのナレーション入れが目白押しで待機しているが、その直前の24日にドキュメンタリー部会の第1回審査がある。それをまずやりこなすことから始めよう。

泣き言を言うわけにはいかない。とにかく、精密なスケジュール表を作って遺漏なく、ひとつづつこなしていくことにしよう。

本日はメンバーの初顔合わせで、16時から初めて18時となった。これはまだいいほうだ。さしあたって、ドキュメンタリー部会の次回予定は7月24日と決まった。この日は長い長い一日となるだろう。悪いことばかりじゃないのは、普段佳作と出会う機会がなかなかないが、こういう場に行くと思わぬ秀作に出会って、世の中広いなあと思うことがあるのだ。本年もそういう作品とのめぐり合いを大いに期待する。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-07-04 22:17 | 2004年度ドキュメンタリーの現場 | Comments(0)
<< 雨中で電話を受けた あらゆる真のテレビはイマである >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧