人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

母の家で

雨激し
母の家で_c0048132_138960.jpg





朝から雷が鳴っている。屋根にたたきつけるような強い雨で目が覚めた。
ふるさとの実家の仏間に寝ていたことを思い出した。
隣の部屋で眠っていたはずの母は起きだして、朝餉の仕度を始めたらしい。厨のほうから物音がする。

寝る前に読んでいた枕元の本『山本太郎を探して』を手に取る。詩人山本太郎、先年他界した荒地派詩人だ。この人の退職にまつわるエッセイを読む。山本は長く新聞社の校閲部に勤めていたが、定年の1年前に退職したと書いている。
荒地では新聞社政治部次長だった中桐雅夫もNHK記者だった黒田三郎も、定年を待たずに50前後で退職していて、自分もその列に入ったと山本は楽しそうに自慢している。

若い頃、職を転々とした山本が30歳のとき新聞社に入社して、以来25年そこにいた。校閲という仕事は、深田久弥によればこれほどつまらない仕事はないとのこと。それに理解を示しつつ、同時にこれほど「男らしい」仕事はないと山本は書く。皮肉で書いているかと思うがそうでもないらしい。他のエッセイと合わせて読むと分かる。でなければ、彼のような人が一つの会社に25年もいるはずがない。

早めに職を退いた理由は、人生の「持ち時間」が少なくなったということだ。後わずかとなった持ち時間を有効に使いたいと考えて山本は退職した。ずいぶん私と違うものだと驚いた。

とても私はそんな気になれずこの1年間苦しんだのだが、早く辞めてやりたいことをやるという人生の見本がここにはあるのだろうか。だが私には山本の詩のようなものが見当たらない。私はやはり映像で表現したい。それは仕事の延長上にしかないと自分を言い聞かせるようにして、本を閉じた。そろそろ出発の準備をしなくてはならない。

朝ごはんを食べる。にしんなすびと縮緬じゃこ、味噌汁といたってシンプルなレシピだ。これでけっこう。田舎味噌のじゃがいもの煮付けは上等博覧会だ。
8時15分、迎えのタクシーが来た。また来るわと言い置いて私は実家を出た。雨がひどい。

周囲の山には厚い雨雲が垂れ込めている。大きな煙突が白い煙が上がる。風がないのでまっすぐのぼり雲の中に消える。
雨にけぶるこの駅のホームはさみしい。2両だけの小浜線の電車が出てゆく。ゆっくりゆっくり雨のなかで小さくなってゆく。高校時代に、人と別れるときに見た光景を思い起こさせた。あれは手取川上流の山間の駅だった。

米原行きの特急しらさぎに乗車。電車が敦賀の町境にさしかかったとき、母の住むほうを見ると土砂降りの雨の中だった。
母の家で_c0048132_138304.jpg

深坂のトンネルを抜け、近江塩津を越えると、余呉だ。余呉湖が朝霧の中にあった。水上勉『湖の琴』の舞台にふさわしい幽遠な風景であった。雨は近江に入ると已んでいた。
母の家で_c0048132_138188.jpg




来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-07-03 13:08 | ふるさとへ | Comments(0)
<< あらゆる真のテレビはイマである 半夏生の敦賀 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧