人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

悪夢

悪夢

明け方のまどろみの中で辛い夢を見た。
私は二人の幼いこどもと家に隠れている。時代はヨーロッパの中世か。ゲットと思われる空間にいる。
そこにいるのは辛いがそれでも会話ができたし、退屈しのぎに子供らとゲームも出来た。

ある朝、町に不穏な空気が流れた。私は急いでベッドの下のような狭い場所に隠れた。二人の子供はいないから、おそらくこの場所以外へ逃げたのだろう。私の入った場所は高さはベッドの下ほどしかなく私一人が隠れるのがやっとである。舞台の下のようでもある。資材や大道具が乱雑に放り込まれている。その最下手の機材のちょっとした空きに私は身を潜めた。潜めると同時に支配者がおおぜいの家来を連れて入ってきた。

ゲットの住民は私がそこにいることは知っているが、知らないそぶりで支配者をもてなしている。
そのうち、一人芝居というか朗読劇が始まった。ゲット在住の役者が演じる。大きな声で舞台の上を歩き回る。観客はその舞台のヘリに腰をかけて聴いている。舞台の最上手に支配者とそのとりまきが座り、続いてゲットではない町の人らが座り、一番下手つまり私が潜んでいるゾーンにはゲットの身内たちが座っていた。もちろん住民は舞台の下に隠れる私の存在を知ってはいるが、知らないそぶりでその朗読に聞き入っている。しかし、役者はまさか舞台の下に誰かが潜んでいるとは知らず熱演している。
ときおり、誰かが私のことを気遣って舞台から垂れ落ちている絨毯をめくりあげて空気が流れるようにしてくれる。私が閉所恐怖だということを知っているので、配慮してくれているのだ。誰かというのはもちろん私の身内か支持者である。そのとき、支配者から離れていてかつ死角にいるので私は見つからないが、それでも息を詰めて私は身を堅くしている。

いや余り緊張していると異物があるという気配が漂うかもしれない。そうすると、私がいることが見破られるかもしれない。リラックスして自然体でいないと駄目だ。そう思って狭い空間で体をだらんとさせている。
舞台の上の役者の演技は白熱を帯びてきた。声がひときわ大きくなる。下手へと移動してくる。観客は熱心に聞きほれている。

役者が私の隠れる舞台下の正面に立ってセリフを語っている。名調子だ。そして激したかのように、彼は絨毯をぱっとめくる。隠れる私と目が合う。役者は一瞬ぐっと声をのむ。目を大きく見開く。彼からは私は見えているが、観客とくに離れた上手にいる支配者には見えていない。
やがて役者は言いよどんだことを、すぐに役柄に転じて芝居を続ける。朗々と呪詛のせりふを吐きながら、おもむらに絨毯を元のように下ろしてゆく。私は再び闇の中に消える。芝居はそれから10分ほど続いて終わった。支配者とその家来たちは会場から出て行った。私は助かった。

隠れ潜んでいる間の緊張感、私はこの夢から覚めたときふーっと大きく息を吐いた。助かったのだという安堵が体いちめんに広がった。それまで体を堅くしていたのだ。
なぜこんな夢を京都の旅先で見たのだろう。元型的な夢だとも思えない。
スペイン戦争のエピソードの一つで隠れた理髪師マヌエラの伝記を昔読んだことがあったが、それを思い出したのか。それとも須賀敦子の「地図のない旅」に出てくるベネツィアのゲットのことが頭にこびりついたのだろうか。隠れる恐怖もそうだが狭い場所に閉じ込められるというのは、私の最大の恐怖だから、この夢はほんとうに拷問のような窒息感があった。

この記事は目が覚めてすぐ書いた。イメージが生々しいうちに書いてみたかったのだ。時刻は7時34分だ。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-06-30 08:46 | ブロギニストのDJ | Comments(0)
<< 夏来るらし 京都の夜 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧