人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

花影を読んで

大岡昇平の情事

「歩くひとりもの」の著者ツノさんは私より一回り上の世代だが、50過ぎまで独身であったが、女ともだちは少なくない。著書の中にもたびたび女の友人とか女ともだちとか出てきて、めしを食った、酒を飲んだとある。男女の間にぎこちなさがない。私などはそういう付き合いを苦手とした。
これはツノさんが都会育ちで私が田舎者だからなのか、それとも世代的時代的なことなのだろうか。 

 私のような団塊世代はフリーセックスだ性の解放だと騒いだわりに、意外に生真面目に「一夫一婦」制度にこだわった。平凡パンチに性記事はあってもエロどまり、つまり劣情をかき乱すぐらいだったが、一つ下のシラケ世代が愛読したポパイになると、女の子の性とかその技術をあっけらかんと詳細に解説してあった。

 もっとオールド世代となると、男と女の愛憎相姦はすさまじい。
大岡昇平の『花影』を読んだ。まず面白かったと言っておく。その文学の味わいは別の機会に記すことにする。

これはモデル小説だ。主人公の葉子はむうちゃんと呼ばれた坂本睦子。銀座のバーで一時は知られた存在となるが、44歳で自殺している。最後の愛人が大岡だったという話だ。
彼女は銀座に出た初期に直木三十五に女にされる。坂口安吾や編集者とたびたび関係をもち、菊池寛の庇護を受け、小林秀雄と中原中也から求婚される。ところがオリンピック選手と駆け落ちし、工場主とねんごろになる。その後河上徹太郎の愛人となり、昭和23年ごろに大岡昇平と出会うことになるのである。この男たちの系列とは離れて、青山二郎がいた。すさまじい男遍歴だ。

また、小林秀雄、河上徹太郎、中原中也そして大岡昇平の名前が連なって出てきた。
これらの人物は私が大学に入った頃には巨匠で、おごそかに道を示していた。
だが、若い頃は激しいものだ。団塊世代はおよびもつかない。
べつに男女のことが「咎」というつもりはないが、しかしある感慨をもつ。

なかんづく大岡の人生は興味深い。スタンダリアンで「俘虜記」を書いた作家のもうひとつの顔。
彼は44歳のとき大磯へ転居する。ここで、58歳つまり今の私と同じ年に「レイテ戦記」を書き始めるのだが、その9年前に執筆したのが「花影」であった。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

花影を読んで_c0048132_14144739.jpg

by yamato-y | 2006-06-25 14:01 | Comments(0)
<< 金子光晴さんよ 6月の渚 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧