人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

バーニングマン

 現代ヒッピーのフェスティバル 

                             
 ベトナム戦争当時、ラブアンドピースを旗印にしたヒッピーの文化が、アメリカ西海岸で起こった。あれから40年、火は消えたかのように見えるが、実は今も火はあかあかと燃えている。

 毎年秋になると、ネバダ州ブラックロック砂漠プラーヤで、8日間に及ぶ「バーニングマン」というヒッピーフェスティバルが開かれる。

その砂漠は、水なし電気なし。高温にして乾燥しきって全くの不毛の地だ。ここに2万人がテントを張り8日間にわたって泊まる。突如として砂漠に不夜城が出現するのだ。

祭りは全員がパフォーマーとなって、アートを制作したり踊ったり非通貨の商売をしたりし、放心状態になるまで騒ぐ。

このフェスティバルには「no spectator」というルールがあって、観客はいない。参加する全員が主役なのだ。
目的は「動と静」「陰と陽」「生と死」「聖と俗」「天と地」「男と女」相反するモノが出会い自然と融合することと主催者は語る。この祭の中心のシンボルは、高さ15メートルを越す木製の人形「バーニングマン」だ。

祭りのクライマックスは最後の夜にやって来る。巨大人形に火を放つのだ。
魂の浄化と無から再生の意味をこめて人形が燃やされる。巨大な火のかたまり「バーニングマン」が崩れ落ちていく。それを見つめるとき、参加したヒッピーたちに法悦が走る。・・・

この祭りのことはインターネットで噂が広がり、年々参加者も増えている。輪は世界に広がり、 日本人も10数人になっている。今年はその10倍になるかもしれない。その参加を予定している日本人から、これを取材して番組にしないかという話が、私のもとへ来た。

実は、これに参加しているヒッピーというのは、町に戻れば優雅な輩ばかりなのだ。ニューヨークのやり手トレーダーであったり、シリコンバレーのエンジニアやスタンフォード大の医学生であったり、まさに社会のエリートばかりが集まっているというのだ。
その事実からして、この祭りはどこか病んだアメリカを表しているように思えてならない。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-06-23 18:42 | Comments(0)
<< 管見・偏見 小説作法 自慢話 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧