人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ピアニストよ、撃て

ピアニストよ、撃て
ピアニストよ、撃て_c0048132_1441301.jpg


今年はモーツァルトの記念年ということで、クラシック音楽がいろいろと話題になっている。
幼稚園時代、正座して聞かされた「アベ・マリア」が退屈でしかたがなかったことが災いしたのか、なべてクラシックは好きではない。あまり聴かない。

こんな私でも海老彰子さんの演奏だけは例外である。この人のコンサートにも行くしCDも聴く。そしてその超絶のピアノ演奏に感動することはしばしばある。

海老彰子は日本とフランスを代表するピアニストである。広島大学付属高校を卒業し東京芸術大学入学後、すぐに日本音楽コンクールで優勝する。その後フランス政府給費留学生としてフランスへ渡った。パリ音楽院を卒業、ロン・ティボーコンクールでグランプリと同時に4つの特別賞を獲得、ワルシャワのショパン・コンクールでの入賞をはたした。フランス政府から芸術文化シュヴァリエ勲章を受勲、パリ市の名誉市民賞メダルも受けている。現在、日本ショパン協会理事を勤めている。

海老さんとの出会いは大江健三郎さんの番組に出演していただいたことからだ。1990年夏に放送した「世界はヒロシマを覚えているか」という番組で、ピアノを弾いてもらった。
番組の主題を、大江光さんに作曲してもらい、そして出来たのが「広島のレクイエム」という曲。これを演奏したのが海老さんである。広島の悲しみがそくそくと伝わるような素晴らしい曲を、海老さんは豊かに表現してくれた。以来、親しくなった。

彼女の演奏は、精確無比にして緻密で知的だ。ある評論家は「演奏者独自の閉じられた世界の存在を強く感じるのも事実である。ある種、結晶された世界があり、迷いが無いという点で、シンプルで美しい。」と評価する。

素顔の海老さんは童女だ。天真爛漫で屈託がない。いつもけらけら笑っている。

こんなことがあった。
1994年秋、ノーベル賞を大江さんが受賞したときだ。受賞者とその家族はストックホルムホテルの特別室に宿泊する。私もそこに部屋を取り、大江一家の一部始終を撮影した。
到着して2日目から、光さんは特別室の出窓に座ってせっせと楽譜を書き始めた。どうやら作曲しているようだ。
次の日、夕刻に海老さんがホテルに現われた。大江さんとその家族にお祝いを言うために、パリから飛んできたのだ。わたしたちは再会を喜んだ。そして私は海老さんに、光さんが作曲しているようだと告げた。海老さんは嬉しそうな悪戯っぽい顔を見せた。

光さんの曲が出来た。タイトルは「海」となっていた。ホテルの窓からバルト海の紺碧がよく見えていたのだ。その海のように大江さんが大きく穏やかでいてほしいという願いと受賞を祝う曲として、光さんは書き上げたのだ。

早速、それを聴いてみたいと私は思った。海老さんに演奏を依頼したところ快い返事をもらった。私はすぐグランドピアノを探した。ある芸術学校で使用許可をとりつけた。私は光さんと海老さんをそこへ案内した。そして、演奏してもらったのだ。ゆったりとした明るい曲で、海老さんの指先からこぼれてくる音に、私は撃たれた。

この演奏を、私のカセットレコーダーで録音して、後刻、光さんが大江さんにプレゼントした。この演奏を聴いたとき大江さんは実に嬉しそうだった。
この出来事の一部始終を、私は撮影し、帰国後ETV特集で放送した。

海老さんとの仕事で忘れられないのは、その夏に広島で開かれたコンサートである。大江光のコンサートと銘打たれた演奏会に、フルートの小泉浩さんといっしょに出演して、素晴らしい演奏を広島の人々に聞かせてくれた。広島は、海老さんが少女時代を送った思い出の町でもあった。
 



来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-06-22 14:40 | 30年の自画像 | Comments(0)
<< ハルキの人となり 人の値打ち >>


最新のトラックバック
外部リンク