人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

人の値打ち

人の値打ち

ある人物の評判がよくなかったが、会って話してみると、私にはけっして悪い奴ではないと思える。こんなことが最近あった。しかも忠告してくれた人も私は好きだ。
つまり、私をはさんで二人は仲が悪いのだが、それぞれと私とは悪くない関係にある。

 他の人には良くない人物も、私にとってはかけがえのない人っているんだよなあ。


次のエピソードは公にしていいかどうか分からないから、「文字式」で書く。

よく知られた役者がいる。一時は人気役者となったこともあるが、歳をとって性格俳優として知られるようになった。芝居がうまいのは子役からのキャリアによるのだろう。

彼が、ある独立プロの映画に出演した。小品だが意欲的なシナリオだった。監督は一生懸命だった。
だが資金がショートした。映画製作を断念しなくてはならない状況に、その監督は追い詰められた。中止を役者に報告するため監督はやってきた。
その説明の途中、監督は落涙した。およそ涙を流すとは思えない人が泣いた。この作品を作らないと、私はその先に行けないのだと。話を聞いていた、その役者は席を外した。

別室で、銀行に電話して、今の俺にだったらいくら融資できると聞いた。
5000万円、その名前で借り出し、監督に渡した。20年以上前のことだ。当時としては大枚だ。

映画製作は続行され、ついに完成した。
だが、興業はぱっとせず、結局、その役者は多額の借金を負うことになったが、別にそれに対して恨みがましいことを言うことはなかった。

今、この役者の名前を明らかにしたい誘惑にとてもかられる。だが言うまい。

その人物について芸能界で聞く噂は、嫌味で偉そうだということ。新人をいびるという話を聞いたことがこれまであった。どことなく狡猾な印象のあるその人物が、そんな心意気をもっていて、照れ屋だということを、この話で初めて知った。

この役者が根っからいい人なのか、その監督にとっていい人なのか、それは定かではない。でも、どっちだっていいじゃないか。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-06-21 23:39 | 魂のこと | Comments(0)
<< ピアニストよ、撃て 蛍よ来い >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧