人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

1988年 「不死鳥コンサート」

 ひばり、伝説の東京ドーム①

まもなく美空ひばりの命日がやって来る。ここ数年この時期になるとテレビ各局はひばり特番を放送することが定番となっている。
 2年前、私もひばりの特番を制作した。亡くなるまでの半年間に注目して闘病を描いた「最期のひばり」である。その取材を通して、それまで抱いていた美空ひばりというイメージを私は大きく変えられることになる。その詳細はいずれ機会を改めて語りたい。ここでは伝説となったあの東京ドームのバックステージをみつめる。

 昭和末期、巨大なスタジアム東京ドームがオープンした。その開幕興行の一つとして美空ひばりの復活コンサートが企画された。そして「不死鳥コンサート」と名付けられたその公演は5万人の大観衆を集め大成功を納めることになる。このコンサートから日ならずして美空ひばりは昇天したこともあって、「不死鳥コンサート」はファンばかりか大勢の人の胸に鮮烈な印象を刻んだ。ひばりが逝って17年経った今もなお伝説のコンサートとして語り継がれている。

 この企画がひばりの耳に入ったのは昭和62年の6月、福岡で2回目の入院していた頃だ。翌年の春に水道橋の旧後楽園球場の隣りに東京ドームという巨大な施設が出来るという。日本で初めての屋根つき球場である。日本武道館の約13倍の大きさだ。最大5万6千人の観客を収容できるという巨大空間。ここでは野球だけでなく、他のスポーツやコンサート、展示会など多目的で使用されることとなっていて、こけら落としの一つとしてひばり復活コンサートの話が持ち上がったのである。

 正確には「不死鳥 翔ぶ! 新しき空に向かって」と題されたコンサートは、文字通りひばり復活を内外に示す機会にもなる。日本人のアーティストとしてまだ誰も挑んだことのない巨大ステージ。ひばりの心はおおいに動く。早く病気から立ち直ってファンの前に立ちたい。歌を歌いたいと周囲に意欲をもらす。このコンサートのために半年前から準備が始まった。300名以上のスタッフが集められ、そのコンサートのためのプロジェクトが立ち上げられたのである。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-06-17 01:21 | シリーズ作品回顧 | Comments(0)
<< 揺れる想い 映画ビジネス >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧