人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

インパール・責任なき戦場

清貧に生きた人②

インパール作戦では、これに参加した日本の兵員の8割が戦死した。太平洋戦争の中でも屈指の「無謀で愚劣で残忍かつ無責任な作戦」(中野孝次)だった。
この戦いの責任者は第15軍司令官牟田口廉也中将。

そもそもこの作戦はビルマの山間部で、イギリス軍と闘って、要衝インパールを奪取しようということで立てられた。そこはビルマの山中にあってジャングルが行く手をはばむ険しい地だ。この作戦は当初から無理だということが言われていたので、他の師団らは早々に撤退していたが、牟田口はこれに固執した。しかも日本にいる東条首相・陸相・参謀総長もこれを支持したので、現地で止めることは誰もできないまま作戦は突入して行く。

闘ったイギリス軍のアントニー・ジェームスの証言「この作戦は日本がその歴史上味わった陸戦における最大の敗北」その理由はイギリス軍が作戦を変えたことに気づかず、日本軍が猪突猛進していったことによる。
実は、この作戦はイギリス軍によって見破られていて、戦法は変えられていたのだ。にもかかわらず、牟田口や部下の愚かな参謀らは当初決めた通りに兵を移動させてゆく。


この作戦はスピードが重要と、20日分の糧食と弾薬しか兵員に与えず出発させた。参謀たちの計算によれば50日間でうまく目的を達成できれば、この壮挙が四月二十九日の天長節(つまり天皇誕生日)に間に合わせることができると考えたのだ。牟田口はこういう甘言を弄して東京の東条らに取り入ったのである。何という理由で兵隊たちを追いたてたものだ。

この作戦に中野孝次の長兄が参加し戦病死した。この兄の名前が入った日章旗が50年経て、中野の前に現われた。1994年のことである。どうやら闘った相手のイギリス軍の兵士が拾ったものが届けられたのだ。兄の名前は中野幸太郎。だが、この名前に該当する兵が全国で15人ほどいる。でもその中で、中野の兄がもっとも可能性が高くなり、ついに中野はそれを兄の遺品として受け取る。この「事件」を契機にインパール作戦の愚劣を描いた作品が、『五十年目の日章旗』である。

ビルマの山地はすさまじいジャングルだった。そこで食糧を失くし弾薬も尽きて尚前進させられた。一人二人と兵隊がマラリアや赤痢で倒れていった。その細く長く続く道にしゃれこうべが増えてゆく。後にこの道は「白骨街道」と呼ばれる。中野の兄もその一つだった。

そして、許しがたいのが、この作戦を立てて指示した参謀たちである。命令を出している牟田口らは現地に行かず、後方の楽な場所にいて兵隊たちに撤退するなと命令を出し続けていた。
中野は記述している。
《この史上稀に見る愚劣きわまる作戦を立案し遂行した将軍牟田口廉也は、その責任をとることも感じることもなく、無事東京に帰って陸軍士官学校校長に栄転して敗戦を迎えている。そして戦後もなお、死までの十七年間自己の過失と責任の重大さを認めることなく、黒を白といいくるめて作戦の功を主張しつづけたのである。人間としてもこれはもっとも陋劣な将軍であった。》

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-06-15 18:06 | 魂のこと | Comments(0)
<< 映画ビジネス 中野孝次「ガン日記」 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧