人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

中野孝次「ガン日記」

清貧に生きた人①

今月号の「文藝春秋」に、2004年に亡くなった作家中野孝次の「ガン日記」が掲載されている。

思うところあって、最近中野の3冊の本――「ひとり遊び」(1990)「贅沢なる人生」(1994)「五十年目の日章旗」(1996)、を続けて読んだ。

存命中は、中野の『清貧の思想』などという本がベストセラーになったと聞いて、どうせ処世の書だろうと思って読むこともしなかった。

とは言っても早い時期の中野の仕事には注目していた。「ブリューゲルの旅」には驚き、自伝的小説「麦熟るる日」を読んで主人公の少年の健気さに感銘していた。だが、その後はなんとなく人生論めいて説教くさく頑固そうな「爺様」と敬して遠ざかってきた。
 最近になってエッセーを偶然ひとつ読んで、今までの認識を少し変えたほうがいいかなと思った。そこで3冊を目黒図書館の書架で見つけいっきに読んだのだ。この3冊の中で、特に「五十年目の日章旗」は胸につよく響いた。

そんな矢先に「ガン日記」が登場した。
「文春」で、中野の最後の原稿73枚が「ガン日記」と題して発表されたことを知り、昨夜購入して車中で通読した。
ガン告知から入院までの一月余りを日記として中野は書いている。
直前に、最後の刊行書となった『セネカ 現代人への手紙』を脱稿したばかりの影響が濃く、日記の中にセネカの言葉がたびたび引用される。その語句に私はひかれた。

セネカの言葉――「誰かに起こりうることは、誰にでも起こりうるのだ」
中野は自分の境遇に引き付けてこう解釈している。《誰かがガンにかかったなら、あなたもガンにかかりうる。それをなぜあなたは自分だけはそんなことが起こらないと思っていたか》

 セネカは、人生はどこで打ち切られようとも、わが人生に何一つ欠けたるものはないと言い切ったと、書いた中野はその言葉を病床から離さない。
この日記は闘病ではない。むしろどうやって病と闘わないかを苦心している。大病院の薬付け医療の悲惨な最期を避けたい、余分な治療をほどこさず自宅で静かに迎えたいということをどうすれば実現できるか、中野は衰えてゆく肉体をみつめながらこの問いを考えつづけている。

そうやって自分の信念のようにして自宅療養を選択してきた中野に、ある日忽然と別の考えが浮かんでくる。
こうして我(が)をはって生きている自分の傍らにあって介護してくれる妻はどれほど苦労を耐えていることだろうと、その心情を思いやるのであった。苦労とは肉体的なことではない。少しでも改善の余地があるなら放射線治療も受けてほしいと願う妻の気持ちだ。思ってもそれを中野に言うこともしない妻の精神的な苦労だ。

ここに至って、中野は入院することを決意する。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-06-15 12:57 | 魂のこと | Comments(0)
<< インパール・責任なき戦場 ばらばら時計 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧