人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ばらばら時計

ばらばら時計

時計の重さが最近気になる。外して歩くことが多い。

昨年、定年ショックで体に変調を来たしたとき、症状として現われたのが腕の痛みだった。
主に右ひじのそばが断続的に鋭い痛みが襲った。これが4,5日続いたときはいささか参った。夜寝ていても痛いのだ。
私は痛みに弱い。否、自慢ではないが病気や怪我に弱い。ちょっとした痛みにすぐ音を上げるのだ。家人からは弱虫泣き虫と馬鹿にされている。

腕が破綻したとき、そこを触ると冷え冷えとしていた。湯のみに熱い湯を入れてひじに当てると何か傷みが和らぐ気がした。以来、腕の張りや冷えには敏感になった。時計をする腕は左だが、その腕も気にするようになり、パソコンを打つのも時計を外して負担をかけないように留意するようになった。

さて、その時計だが、現在使っているのは3年前に買ったエンポリオ・アルマーニのチタン製の重い時計だ。文字盤が大きく見やすいので買ったのだが、とにかく重い。年々その重さが身にこたえるようになった。

テレビという商売柄、時刻、時間ということだけはたえず気にするよう育てられた。今でも時々見る悪夢は、自分の番組が放送される時刻になっても放送されず白い画面がシャーっと流れているというものだ。間違えて番組の登録を別の日にちにしてしまったというミスだ。もう一つは番組の長さは50分と聴いていてその番組を納品すると、内容時間は正味49分で残り1分は別のお知らせが入るのですよと係の人に叱られるというもの。それらの夢をみては驚いて目覚めるということを今でも繰り返している。

35年間の現役時代に時計はおそらく20個ほど買い換えただろう。高価なものは持たない。せいぜい3万から5万といった値段だ。15年ほど前はスォッチを愛用した。1万程度で正確で軽く姿もよかった。子供が中学生だったから海外取材に行く度お土産で買ってかえったものだ。取材を終えて、日本へ飛び立つ最後の空港の免税店で購入できるので重宝した。

 2年前だ。「冬のソナタ」でユン監督と仕事をしたとき、助手のチョさんと仲良くなった。あるとき、彼がフランク・ミュラーを腕に巻いていた。「おっ、凄い時計しているね」と私が褒めると、チョさんはこれが欲しいかと聞いた。そりゃ欲しいけどフランク・ミュラーは安くても110万はする。答えることもできずにやにや笑っていると、チョさんは時計を外してあなたに上げるというではないか。
 面食らった。いくら仲良くなったと言ってもこんな高価なものをもらうわけにはいかない。固辞した。
チョさんが「いいから、いいから」と言って私の腕をとってはめた。そばにいた通訳のホンさんも「チョさんがあんなに言うのだから受け取りなさい」と忠告する。あまり遠慮すると韓国の人は気を悪くするよと、脅かすではないか。

でもなあ、110万もするものをタダでもらうわけなどありえないじゃないか。窮した私をチョさんもホンさんも笑っている。
ホンさんが言った。「その時計はどこ製だと思っていますか」「スイス製だろ」と答える私。
首を振るホンさん。うん?すると、これが噂に聞くスーパーイミテーションか。

とにかく一晩預けておくとチョさんは私に言い置いてホテルまで車で送ってくれた。部屋に入ってすぐシャワーを浴びた。出てきてテーブルの上の「フランク・ミュラー」を見た。手にとって、腕にはめてみた。ノックがした。ドアまで行くとボーイが立っていた。チョさんから果物が届いていた。籠を受け取ろうと腕に力を入れたときだ。
「フランク・ミュラー」はバラバラと崩れて床に砕け散った。私は唖然とした。

次の日、私とチョさんとホンさんは、壊れた時計を前にして大笑いした。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-06-14 12:37 | Comments(0)
<< 中野孝次「ガン日記」 ぶらぶら歩き >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧