人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

アンネのこと

アンネ・フランクさん

 敬愛する評論家が、荻窪の白頭山で焼肉を食べているとき急にポツリと言ったことがある。
「女性の生理の日を、アンネの日と呼ぶのはひどいなあ」

そのときは変なことを考える人だとしか思っていなかった。だが後になってナチのあの残虐を知るほどに彼が言ったことの重大さに気づく。

 先年アムステルダムを訪れたとき、アンネ一家が潜んでいた隠れがの住居を見学した。よくこんな狭く息苦しい空間に何年も姿を隠したものだと、感動するよりその精神力に驚嘆する気持ちのほうが強かった。

 戦後、アンネの父は再婚し新しい家族をもつ。若い頃、この出来事を私にはどうしても承服することができなかった。あれほど苦しみ健気に生き抜いたアンネたちがガス室に消えたのだ。残された父はせめて再婚はせず、亡き娘たちの冥福を祈りつづけていくべきではないかと20代の私は思った。

私も50代の後半になって人生のことも一応分かった年齢になれば、アンネの父の気持ちも分かる。
ということはできない。今も父の所業に引っかかりを感じている。
父よ、あんたはアンネやその姉、アンネのボーイフレンドが咎なく理不尽に殺されたことを知っているくせに、自分だけ新しい生活を始めるなんて。と責めたい気持ちがある。父を弾劾したい思いは今もある。だが、だからと言って、そもそも私にそんな権利はあるわけない。

もう一つの不条理。あれほど苦しんだユダヤ人が、なぜパレスチナの人たちにあれほど残酷なことができるのだろうか。先週も軍艦からの誤爆でパレスチナの無辜の民衆が犠牲になった。そういうことをやっておきながら、イスラエル防衛という大義を理解してほしいと国際世論に向けていうことは無理だろう。国際社会の中でその正当性は誰も認めないだろう。
ハリウッドで反ナチの映画が製作されても、現在のイスラエルの傲慢が脳裏に浮かんで、映画に共感することができなくなりつつある。

イスラエルの右派の人たちよ、和平ということを本気で作り出す気があるのか。アンネの受難をどう考えているのか、聞いてみたい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-06-12 21:21 | 魂のこと | Comments(1)
Commented by japonikk-la at 2006-06-13 14:16
「女性の生理の日を、アンネの日と呼ぶのはひどいなあ」
どうしてでしょうか? 生理が汚いものとかのイメージがあるからでしょうか? 
毎月めんどくさいなあとか、生理用品も馬鹿にならないなあとは思っても、生理が嫌だとか汚いものとか一度も思った事無いですけどねえ。むしろ女として生理のお陰でという方が断然多いですけど。
<< ぶらぶら歩き 男のくせに >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧