人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

男のくせに

男のくせに

古い世代だからか、まだ男、女の“意識”が私は強い。その一つが男のくせに悲しいとか涙を流すとか言ってはいけないというのがある。私の場合、長男ということも加えられた。「おにいちゃんのくせに」と何かにつけて言われた。だから、その殻を破りたいとこのブログでもセンチメンタルで“めめしい”ことを書くことを厭わなかった。 

 清水宏監督の「母のおもかげ」という映画を見てぼろぼろ涙を流したと、川本三郎が書いている。母を失くした少年が主人公の映画だ。父が再婚して新しい母が来る。新しい母は優しくよくしてくれるのだが、そうされればされるほど、少年は亡くなった母に申し訳ないと思うのだ。2つの感情の間で揺れて悩む少年の心を思って、川本は泣いたのだ。

 川本がぼろぼろ涙を流すほどの理由はもう一つある。同じ清水監督の「しいのみ学園」に対する思い入れがあったのだ。
養護施設「しいのみ学園」に一人の知的障害の男の子がやってきた。親からじゃけんにされて入所することになったのだ。心やさしい少年はここで安住の地をみつけ園の歌を愛唱するようになる。♪しいのみ学園は・・・。
だが運命は彼をそのままにはしてくれない。いろいろな苦難が襲い挙句雨にうたれて肺炎になってゆく少年。死んで行くとき少年は、覚えた歌をかぼそく歌いながらみまかるのだった。
この主人公を演じた子役が「母のおもかげ」でも演じていて、2つのイメージが川本の中で重なり、川本の胸をかきむしったのである。

 温厚で心優しい川本の悲しみは分かるとしても、気難しく狷介な作家中野孝次の悲しみとなるとまさかと思ってしまう。

ベトナムかタイか、東南アジアの国を中野が訪れたときだ。ライチーの実が木によくなっていた。
その木の下で机を置いてライチーを売っている幼い子供たちがいた。姉妹らしい。二人は大きな売り声をあげるわけでもなく机にライチーを並べて黙って通りを見ていた。中野は一山いくらだと聞くと10円にもならない額なので、50円ほどあげた。
すると、二人はこんなにはもらえないと、きっちり金額だけをとって再び机の前に座った。
 その実を口にすると熟して甘かったと中野は覚えている。夕暮れの通りで机を前にしてだまって座っている幼い姉妹を思いだすと悲しい、と中野は書くのであった。

 この文章たちを読むだけで胸がいっぱいになってくるのだ。めめしいのは他の誰でもないこの私だろう。男のくせにというフレーズが脳裏をかすめるが、いいじゃないか男だって悲しいときは悲しいんだ。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-06-12 12:00 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< アンネのこと 雨の露天風呂 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧