人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

事件か事故か

「一応の推定」、広川純著
事件か事故か_c0048132_13122865.jpg


秋田の児童殺人事件は容疑者の娘が川に転落して死亡したことと関連があるのではないかと言われている。
この死が事件か事故か判然としないまま、容疑者の「誤解」が膨張していってあの不可解な殺人事件に発展したのではないかと、推測されているのだ。川を嫌いな女の子が冬に川遊びに行くだろうか、何かの事件に巻き込まれたのではないだろうか、と母である容疑者は疑心をもち倒錯した憎しみのエネルギーを募らせたと考えられる。警察が事件を否定し事故としたが、母親は納得しなかったのだ。事件と事故の判断とはなんと難しいことか。

今年の松本清張賞を受賞した『一応の推定』は、一人の老人が駅のホームから転落して電車に轢かれるという出来事をめぐっての小説である。その死が事故であるものかそれとも自殺なのか、その謎をベテランの保険調査員村越が追う。村越は数日後に定年をひかえていた。

傷害保険は生命保険と違って、入るのにそれほど難しくはないが、死因が自殺であれば保険金はおりない。事故であれば保険金が給付されるが、自殺という「事件」であれば給付の対象ではなくなるのだ。

電車に轢かれた男性は死亡する3ヶ月前に保険に入ったばかりだった。その身辺を村越が調べてゆくと、彼の工場は倒産しその孫は難病のため多額の費用が必要であることなどが判明してくる。老人が自殺したとしてもおかしくない状況はある。この事案をめぐって村越が足で調査してゆくプロセスを、小説は描いている。

 最近にない面白い小説だった。筆力はたいへんなもので、連続殺人も警察も暴力団もいっさい出てこないが,保険をめぐる人間模様だけが素材となる。だから会話が中心で物語が編まれているのだがけっしてスタティックでなく間然するところがない。

一つの事実をどのように見るかという視点の変化によって、事故か事件かに分かれてゆく。

保険調査の方法で興味深いことを主人公は語る。調査に先入観をもつなというのだ。あらかじめ予断をもって仮説を立てれば、皆そのように見えてくるから調査には危険だと村越はいうのだ。言うことに疑いをもたず素直に肯定しながら当事者の話を聞け、そうすれば事実がみえてくる。
「黙って相手の話を聞きながら、頭の中で事故状況を再現する訳です。現場は先に見ているから、見通しとか交通量とか全体が頭に入っている。その中に相手の話す状況を素直に当てはめていくと、それでは事故は起こらないじゃないか」
その話の矛盾したところが事故の原因だというのだ。

なるほど、一つの職業的知恵だ。この方法は私自身の取材にも応用できるなと、つい商売っ気を出して考えてしまった。

ちなみに「一応の推定」とは法理論の概念で、自殺であることを立証することが困難である場合、典型的な自殺の状況を立証すればことが足りるとするものを言う。作者の広川は実際に保険調査会社で仕事をした体験をもつ、私の同年の58歳である。主人公の村越努は作者の分身だろう。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-06-10 12:57 | Comments(1)
Commented by hotfubu at 2006-07-02 15:35
私もこの小説を読みました。
久しぶりに結論はどうでもよいと思ってしまうほど、ストーリーの流れに心地よさを感じました。
楽しみな作家だと思いました。
<< 雨の露天風呂 壬申の乱2 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧