人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

壬申の乱2

キトラのための歴史のおさらい

壬申の乱は日本古代最大の内乱として知られる。
668年に中大兄皇子が即位して天智天皇となる。当時唐が新羅と結んで朝鮮半島に進出していて、その矛先が日本に向くことを天智は恐れた。それまでの飛鳥から近江へ都を移すのだった。
 次に彼が心を砕いたのは後継者問題である。一応、跡継ぎに皇太弟、大海人皇子がいた。この時期、皇位継承は兄弟継承も珍しくなかった。

 一方、天智の子大友皇子がいた。母は身分の高くない地方豪族の娘であったが、聡明で学問をよくし天智もこれを愛した。まだハタチそこそこの若者だった。長ずるにますます才能を発揮しはじめる。この息子を愛する天智はかねてから約束はしていたものの、天皇位を弟に譲るのが惜しくなったと考えるのは不思議ではないだろう。
 そうこうするうち、天智は病で倒れた。その枕元に大海人皇子を呼んで皇位のことを伝えたところ、即座に大海人皇子は断った。天智の計略を警戒したのである。かつて大化の改新で蘇我入鹿を暗殺し有間皇子を葬ってきた、稀代の策略家天智天皇。

 大海人はその日のうちに髪を下ろし仏門に入った。その足で隠遁するとして吉野を目指すのであった。後に持統天皇になる妻もいっしょである。兄の本心を知る大海人にとって一刻の猶予もなかった。用心深く、粛清の火種を用心深く消していったのだ。
この日から2ヵ月後、671年12月天智天皇は亡くなった。大化の改新以来30年、政治の中心にあった天智の波乱に満ちた一生が閉じられたのだ。
天智天皇没後の政情不安となる。そして672年6月、大海人皇子はわずかな従者と共に吉野を出て東国に向けて出立する。壬申の乱が勃発したのだ。 大友軍は全国各地の軍兵の動員をに手間取りもたもたした。緒戦において、近江朝がわは遅れをとっていたのだ。

大海人軍は伊賀を経て伊勢まで急行し 月末には美濃国不破に本営を置くに至る。大海人皇子は東国の大兵力を結集し7月2日に総攻撃を号令した。彼は2正面作戦をとる。第二隊は大和方面に進出して大伴吹負らの軍と合流し、南大和の箸陵の戦いで大友方を撃破した。第一隊は大海人皇子の長子である 高市皇子率いる近江に進撃し、大友軍を打ち破りながら進軍し7月22日大友軍の最後の防衛ラインである瀬田川に至る。この日は大友皇子自ら出陣し、瀬田川を挟んで両軍最後の決戦が始まる。瀬田川を奪取された大友軍は総崩れとなり、大友もわずかに身を持って逃れたが翌日山前(さき)で自害した。

 壬申の乱に勝利し、実力で皇位に就いた大海人皇子(天武天皇)の権力は強大なものとなり、天皇の神格化・律令体制の整備とが急速に進んだ。天皇と名乗ったのは天武が最初となる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-06-09 16:44 | シリーズ作品回顧 | Comments(0)
<< 事件か事故か 雨の日に >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧