人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

永遠のみどり

永遠のみどり_c0048132_9483482.jpg

原民喜・夏の花よ

原民喜は8月6日自宅で被爆して爆心から郊外の村まで逃げてゆく。その生々しい体験を描いた作品が「夏の花」である。

被爆する1年前に東京で原は妻を失くし、故郷広島に帰っていた。新盆に墓参しようと“夏の花”を求めることから記録は始まっている。

 この人は虚弱で腺病質だった。対人恐怖の傾向がある。学生時代にプロレタリア運動に共鳴するが、その戦闘性についていくことができない。やがて故郷からしっかりものの娘が妻となってやって来る。彼は妻を頼った。口下手で人付き合いの苦手な彼にとって妻は千万の味方を得たと同じだった。
その妻が戦時中に病死した。原は生きる道を失った。絶望して故郷の広島の町へもどったのである。

 そしてお盆が近づき妻の墓参を考えていたある日、原は原爆投下に遭遇するのだ。

 妻の死は彼にとって精神的な死をもたらした。彼はもはや死者の側にいたのだ。その死者のまなざしで8月6日に広島で起きたことを冷静に克明に見つめている。

 天は彼をして原爆の証言者として故郷に呼び寄せたのではないかと思えるほど「夏の花」はよく書かれている。原爆文学の一つの頂点として名高い。
原爆ドームそばにある原民喜の文学碑。
『遠き日の石に刻み砂に影おち 
崩れ堕つ 天地のまなか
 一輪の花の幻』

 この一文は被爆以前に書かれたことに注目したい。難解なイメージだが天地の真ん中が裂けて崩れ堕ちるという「終末」を予言したとして有名だ。

 原爆のきのこ雲の下で地獄絵図が展開したとき、何万という犠牲が苦しみのなかにあったとき――そのまなかにあって原は「一輪の花」を幻視していた。

かつて、この「夏の花」を題材にして私は番組を制作したことがある。「作家が読むこの一冊」というシリーズで、作家の小川国夫さんが「夏の花」を朗読するという番組だった。小川さんはこの作品のもつ超越性を高く評価していた。私はこの番組化で広島の町や川を撮影して歩いた。

それから5年後の1994年に、原民喜の親族を描いた番組も制作した。「永遠のみどり~語り継ぐ一族~」。
原の一族は広島の旧家で繁華街に住んでいた。原爆が炸裂して親族の過半がその犠牲になった。そして、今でも一族は夏になると原民喜が作詩した「永遠のみどり」という歌を合唱するのであった。その歌は、広島のデルタに緑うずまけ、という言葉から始まる。

今日6月6日、原爆の月命日だ。あと2ヶ月でまた61年目の原爆の日が来る。今のこの街にはあおあおとした緑がうずまいている。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

永遠のみどり_c0048132_9485057.jpg

by yamato-y | 2006-06-06 08:55 | シリーズ作品回顧 | Comments(0)
<< 夕暮れの広島 落ち目が大事 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧