人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

サハロフの遺言

原爆ドームのほとりで
サハロフの遺言_c0048132_17252673.jpg


原爆ドームのそばのベンチでこれを書いている。「世界はヒロシマを覚えているか」という番組を始めるにあたり、このドームに佇立する大江健三郎から始めた。18年前のちょうど今頃の季節だった。

当時東西冷戦が終結しそうな世界情勢だった。ソ連の不安定さは核戦争を誤っておかしかねなかった。いわゆる累卵の危機である。そういう時代だからこそ、東西の知識人オピニオンリーダーに大江がじかに核問題、ヒロシマ体験について聞いてみようという趣旨で、この番組は企画が立ち上げられたのである。

まもなくソ連からサハロフ博士が来日した。彼は水爆の父といわれた人物だが後に核兵器の非人間性にまっこうから反対を表明するようになった、ソ連の反体制活動家として世界中から注目されていた。彼の在日日程の中に広島へ行く予定があったので、私は大江―サハロフ対談をもくろんだ。「世界はヒロシマを覚えているか」の番組のゲストにふさわしい人物と考えたのだ。対談はこの原爆ドームが一望できるビルの一室で行われた。

――てっきりサハロフは広島の原爆投下に対して反対を表明すると私は予想していた。それは見事に裏切られ博士はこの爆弾によって戦争が終わったのだから原爆投下もやむをえなかったと述べたのだ。面食らった。ソ連の反体制活動家がヒロシマを否定するとは。

これに対し大江は当然つよく反発した。いかなる理由があろうとも核兵器のもつ非人間性を看過することはできない、それによって戦争終結したなどという正当化は認めがたいとサハロフの態度を批判した。

サハロフは頑固だった。けっして譲らなかった。広島で起きた悲惨には同情するが、終結には投下という方法しかなかったと、繰り返した。水爆の父といわれ、その後反核運動に身を投じた博士からそのような意見を聞くとは思っていなかったので、私などはショックを受ける。
だが、この出来事は大江のファイトを刺戟する。この対談結果は、広島の意味を世界にさらに問いたいという大江の意欲をつよくしていく結果となったのだ。

そして事態は急転した。この対談から一月足らずでサハロフが急死する。偶然だが、私のチームは彼の最後の映像を撮っていた。緊急特集を作ってみてほしいという要請が来た。放送はわずか4日後だという、超殺人的スケジュールだが私は応じた。こういう重大な企画は無理をしてでも国民に問うべきだと、覚悟した。そして、その番組は「サハロフの遺言」と題されて、国際政治の不可解さをつよく印象づけたのである。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

サハロフの遺言_c0048132_1725392.jpg
サハロフの遺言_c0048132_17255482.jpg

by yamato-y | 2006-06-05 17:13 | シリーズ作品回顧 | Comments(0)
<< 落ち目が大事 言葉は力 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧