人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

言葉は力

言葉は力

言葉は力です、と新聞社のキャンペーンが空港の掲示板に踊っていた。
なるほど一つのイメージキャンペーンとしては有効かもしれないが、果たして、今世の中の人はそう思っているだろうか。

言葉は予想以上に嘘をつく、裏切る、届かない、と実感することが多いのではないだろうか。

今朝、秋田の児童殺人事件で近所の女性が逮捕されたということを、ワイドショーでも大きく取り上げ、新聞も各紙こぞって女性の周辺を報じている。
全国紙、ブロック紙ともに論調は同じ。というか、同じ物語を説いていてもはやこの事件はあるストーリーが出来上がっている気配だ。こういうことで使われる言葉というのは常套化していて嘘くさい。

また記者が悪いわけではないが、政治家のいう言葉もうさんくさい。話している言葉をまともに取り扱うと、その後裏切られることがまことに多い。むしろ言葉を語っている本人の画像が真実を言っていることが多い。ブッシュ大統領がイラク問題などで窮地に追い込まれて言い訳するときなど、語っている言葉よりおどおどする目のほうが事実を伝えるということがある。

とはいえ、ウェブの世界ではまだ圧倒的に言葉が大きな存在だ。言葉で表現され、その言葉を味わうというのが今のインターネットの世界だ。でもこのメディアは遠くない将来、きっと映像が幅をきかせることになろう。というのは一枚の画は1万の言葉にまさる(大伴昌司)のだから。

ただ映像は情報量が多いのでその圧縮伝送などでもたついてはいるが、それは技術的に克服されるから阻害要因にはならない。むしろ、映像の弱点としての「抽象性」「観念性」をどうやって付加していくかが課題となるはずだ。

例えば映像検索するにしてもそれは言葉を使用して実行するしかないのだろうか。映像の因子で映像を探すということはできないのだろうか。

ここでまた元へ戻ってくる。映像もまた言葉だということだ。映像の情報性のほとんどはそこで語られる会話であったり写される文字であったりするので、画像そのものの情報性は低いという、あの言説に回帰するということだ。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-06-05 10:19 | Comments(0)
<< サハロフの遺言 水無月の広島 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧