人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

壬申の乱

天文博士、天文台、阿部一族

北山茂夫著『壬申の乱』(岩波新書)を読んでいる。あらためて、古代史恐るべしと感じる。
1400年も前に起きた出来事が、まるで近年に起きたかのようにことの経緯がひも解かれているのだ。

 詳細は後刻に譲るとして、大海人皇子こと天武帝はおもしろい人物だ。いや、実際に会えば相当のカリスマ性を発揮しまわりを圧倒する人であろうことは、記紀の記述から知れる。
この人は天文、遁甲をよくしたという。遁甲とは忍術のようなもので、人心を怪しく惑わしたようだ。事実、戦いの最中に占いの儀式を立てて、戦争の帰趨を予言などしている。おそらく道教の1手法であったらしい。道教は天武持統時代に大きな意味をもつというのは近年古代史の中で常識になりつつある。

そして天文に通じていたという。これは重大な案件だ。彼が天武帝時代に初の天文観測施設を建設している。彼が統治したとき全国にかなりの数の神社を建立している。奈良の天河神社もその一つだ。天河―まさに天の川ではないか。星々に大きな関心をもっている。こんなことは一画にすぎない。

彼が建設した天文施設はどこにあって誰が所管していたのだろうか。むろん藤原京のあった明日香村の域内であるにちがいないのだが。

そこで、話が飛躍する。私の推論だ。
例のキトラ古墳は内部に天文図を保有していた。むろんこれが天文台というのではない。ただその施設に関係のあった人物の墳墓がキトラではないだろうか。

 キトラのあった山は阿部山。このあたりに渡来系豪族阿部御主人(あべのみうし)が住んでいた。彼は壬申の乱で途中から功績のあった人だ。彼が渡来系であることにまず気になる。キトラ天文図は改めて書くがおそらく高句麗から伝承されたものだ。阿部一族と関係があったのではないだろうか。この阿部一族は平安時代になると天文博士の身分となる。この中から有名な安部晴明も出現してくる。

 キトラ古墳の謎はこの阿部一族とおおいに関係があるのではないだろうか。これを解くにはまず時代背景としての天武持統時代そして壬申の乱を知る必要があると思って、本書を読んでいるのだ。

天文図については、わたしたちが最初に仮説を立てたのだが、その顛末はわくわくすることがあった。まるで「ダヴィンチ・コード」だった。それは稿を改めたい。

さて、本書の著者北山茂夫は四月にブログに書いた松尾先生の恩師だった。そうだ、今度松尾先生にも意見を伺ってみよう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-06-02 12:03 | シリーズ作品回顧 | Comments(0)
<< 漱石の孫のリポート 暑い、? >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧