人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

追悼、今村昌平

くえないユーモア

「楢山節考」と「うなぎ」でカンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを2度獲得した映画監督今村昌平が死去した。79歳。
 今村は、早稲田大学を1951年に卒業後、松竹大船撮影所に入り、小津安二郎監督の助監督を務めた。後の作風からするとあの巨匠の下にいたとは思えない,がこれは事実だ。54年に日活に移り、川島雄三監督の下、助監督として手腕を発揮。社会派の「にあんちゃん」(59年)を製作した。この作品は同時代として私も見た。ラジオでも感動したことを映画でさらに倍加された記憶が鮮明だ。

 今村はちょっと見はそこらのオッサンという風貌で、どこにあの人間の愛憎を描くような資質があるかと疑いたくなるようなひととなりだ。68年の「神々の深き欲望」、79年の「復讐するは我にあり」という両作品にはどすんと心に当身をくらった。

今夕、机を並べる仲間が今平について語ったこんな文章があるよと、見せてくれた。長男で映画監督の天願大介が書いた「親父の横顔」というエッセーだ。冒頭から私にはしみる。《子供の頃、親父が外で何をしているのか、実のところよくわからなかった。ほとんど家にいないのである。》撮影で現地に行ったきり、ドキュメンタリーだと海外へ行って帰って来ない、と書いている。私も息子からみればこんなふうだろうなあ。

今村の二男で、今村プロダクション社長、竑介は死去にあたって「好きなことやったんで大往生と言えるのでは。十分満足いく人生だと思う」というコメントを出したが、今村とていつも好きなことをやれたわけではない。むしろ人には言えない苦しい時代がそれなりに続いてもいたのだ。映画が撮れない苦難の時代があったのだ。企画が破れたときの、今平の様子を天願はこんな風に書いている。
《企画が立ち上がり、今度こそ撮れそうになって家族の期待もふくらむ。食卓も何となく明るくなる。しかしある晩、突然企画が潰れてしまったと聞かされる。親父は黙って煙草を吸い、目を真っ赤にしたお袋が何かに対して怒っている。そんなことが何度も何度も、本当に何度もあったのだ。だが親父はユーモアを忘れることがなかった。下らない冗談を言い、強がってハッハと笑った。》
あの今平でも何度も企画が潰れたのだ、ということを知ると胸がつぶれる。豪放磊落に見えて、こと映画に関して緻密繊細だった今村昌平。
冥福を祈る。合掌。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-05-31 22:32 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 2007年問題 ウルトラマンの展覧会 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧