人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

時代の傾きの中で

時代の傾きの中で

林房雄という人がいた。『大東亜戦争肯定論』というのを書いている。この論は、中央公論1963年9月号から65年6月号にかけて連載され、発表された。
林は、その使用がタブー視されてきた『大東亜戦争』という名称を戦後始めて復活させて使っている。中心の主張とは、日本の近代史はアジアを植民地化していた欧米諸国に対する戦いである「東亜百年戦争」の歴史であり、1941年12月8日に始まる大東亜戦争はその全過程の帰結だった、というものである。そして、その過程における原動力は経済的要因ではなくナショナリズムであり、それの集中点は「武装した天皇制」だった、というのだ。勇ましい超国家主義である。

――この人はかつて東大の新人会へ中野重治をさそった人でもある。プロレタリア運動の先頭に立って社会改革を目指していたのだ。当時の仲間に、中野以外にもぬやまひろし、窪川鶴次郎、佐多稲子、らがいた。ところが1930年 に治安維持法違反で検挙される。豊多摩刑務所に入ることになる。 そして2年後、 転向して出所した。それから真逆の道を歩む。
『作家として』という文章で転向を内外に表明する。日中戦争への作家の従軍にも積極的に参加してゆく。戦後はそういう活動に対して、公職追放という処分にあう。
一方、中野や佐多らも転向したと自らを責めながらも、戦後日本の民主化運動に心血を注いでゆく。
晩年、林は小林秀雄と交友し三島由紀夫から尊敬されたというが、林は自分の人生をどう見つめていたのだろう。

時には文壇の会合やパーティで林は中野や佐多らと顔を合わすこともあったにちがいない。むろん、そんなことで呵責を感じたり思い悩んだりするほどナイーブでないとは承知するが、人はそういうことに対して死ぬるまで平静でいられるものなのだろうか。

こういう出来事は、遠い昔のことだと思っていた。が、そんな私こそナイーブだと恥じる。過去のことではなく今も起きている。今ここにある危機は、そういう引き裂かれた人生を歩む人物を生み出している。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-05-30 12:58 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 春終わる 天文図の発見 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧