人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ドキュメンタリスト

ドキュメンタリスト

ドキュメンタリーを作る人をドキュメンタリストという。
本日、私の講座に永田プロデューサーを招いて彼のドキュメンタリーに対する考え方を聞いた。

私の所属する20世紀学はそもそも歴史学の範疇に属すると永田さんは知って、ジャーナリズムと歴史学の交わる部分を中心に話をしてくれた。

講演は4時間にわたって行われる熱いものとなった。

話の切り出しは1954年という年だ。彼が生まれた年である。その年は日本にとってもアメリカにとっても意味深い。ビキニで水爆実験が行われ、第5福竜丸の乗組員、ロンゲラップ島の住民、作戦に参加したアメリカ兵が被爆したのだ。永田さんの名前を轟かせることになる名作「ビキニの記憶」を構想、制作する背景を語り始めた。

この水爆実験は台頭躍進するソ連や中国に対するけん制からだった。反共ということが歴史にせり出して来る。
この年の後半からマッカーシー上院議員が声を大きくしてゆく。彼は「アカ狩り」の先頭にたって映画、新聞、テレビ、などメディア関係者を中心にリベラルな人物を次々に葬っていくのであった。いわゆる「マッカーシー旋風」が全米に吹き荒れるのだ。そのレッテル貼りは野蛮で強引なものだった。密告があちこちで行われ、アメリカのモラルが地に堕ちてゆく。
この腐敗した権力に立ち向かったのがCBSの人気キャスター、エド・マーローだ。エドは無体なラベル貼りの一つ一つを検証しながら、その横暴を世間に向かってディーセントな語り口で説いてゆくのだった。その戦いを描いたのがジョージ・クルーニーが製作した最新の映画。「グッドナイト&グッドラック」。監督はハリウッドの人気スター、ジョージ・クルーニー。ニュースキャスターを父に持ち、幼い頃からエド・マローをヒーローだと思っていたと言うクルーニー。熱い情熱で撮りあげた本作は、アカデミー賞で主要6部門へのノミネートを果たした。
ドキュメンタリスト_c0048132_1313730.jpg
主人公、エド・マーローの魅力的なエピソードをここからも引用して、永田さんは聴衆の心をしっかりつかむ。講演会場の第7大講義室は100人余りが息をのんで話に聞き入った。


大きな権力と立ち向かってゆくジャーナリストの戦いを、永田さんは穏やかにかつ熱く語った。 
講演後半は、ケネディ暗殺事件とその真相報道を例に挙げながら、日本の戦後史に起きた謀略事件の謎を解明する番組について、現在企画中であることを報告した。
4時間があっと言うまに過ぎた。今回の講演内容は、永田さん自身が文章にまとめて20世紀学の紀要に寄稿してくれることになった。それをきちんと読んで、この講演の全体をブログに書くつもり。
永田さんの演題は、
「映像は歴史をどう伝えるか~私の体験から~」

ドキュメンタリスト_c0048132_12534994.jpg
賀茂川は今朝は人影がまばらだ。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-05-27 12:52 | ブロギニストのDJ | Comments(0)
<< 不倫乗車 敬愛する先輩 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧