人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

敬愛する先輩

柏倉康夫さん

京都はうす曇り。授業を終えた昨夜、主任教授のS先生と食事をした。
先生との会食は楽しい。先生と話していると、私の本職テレビ屋の世界とは違うアカデミズムの世界に少し浸ることができるから。今年の後半は先生にも大学にもいろいろ協力していただく計画が私にはある。そのプロジェクトはまだ内緒だが、楽しいことを予定している。

S先生から近来稀な快挙を聞いた。柏倉さんが京大で博士号を先ごろ取得され、一昨日授与式にご夫婦で列席されたというのだ。とうとう氏は所期の思いを達成されたのだ。

柏倉さんはS先生の前の主任教授。京大に20世紀学という新しい学問分野を立ち上げるという功績のあった人。
ところが本来学究の人ではなく、私と同じ放送局の出身だ。テレビの世界でおおいに活躍した人なのだ。報道番組のディレクターとして事件事故の番組を担当した。福岡局に配属になった新人時代には、「よど号ハイジャック」事件に遭遇し活躍したこともある。

氏は東大のフランス文学出身、大江健三郎さんの後輩にあたる。以前にも書いたがこの仏文山脈には錚々たる人が並ぶ。氏の口癖はあの鈴木信太郎教授の祝詞のようなフランス語でマラルメ講読の講義を受けたということ。テレビの世界で活躍しながら学問の世界にもしっかり根をおろしていた。放送局に入社後も家に戻れば氏はマラルメ研究を続けたのだ。

ディレクターでありながら、氏はパリ総局の特派員となる。特派員は元来放送記者が選ばれるのだが、氏の取材力と語学力が評価されたのだ。
文化情報を次々に日本へ紹介する。でも休日となれば、セーヌ河岸の古書街に足を運びマラルメ関係の書やモノをせっせと収集していた。バカンスはマラルメゆかりの地を家族を連れて歩き回ったという伝説がある。

帰国後、辣腕のプロデューサーとして活躍するが、氏はもう一つ大きな才能があった。話がうまく滑舌がいい、さらに声がマイクに乗りやすいというキャスターの資質があったのだ。それを買われて、「土曜リポート」という看板番組のキャスターになる。以後、退職まで解説委員、ETV特集のキャスターなど要職を次々にこなし、57歳で定年、テレビ局を去った。

 そして、第2の人生を京都で始めた。京都大学文学部の教授に華麗な転身。そこで、長年研究していたマラルメを中心とするフランス文学の教鞭をとることになったのだ。そして3年前にそこも定年となるまで勤め上げ、しかも新しい学科まで立ち上げるという大きな実績を残したのだ。

この京大退職のとき、柏倉さんは私に大学で教えてみないかと誘ってくれたのだ。微力ながら柏倉さんの切り開いた道を私も歩むことにした。今年もまた京都へ通うことができるのは柏倉さんのおかげだ。

 昨年、氏が博士を目指して論文を書き上げたという噂を聞いた。60代半ばとなりこれまでも十分な実績を挙げたにもかかわらず、学問においてきちんと筋を通したいという、柏倉さんの純情を思った。

そして、このたび柏倉さんは文学博士になった。後輩として本当にうれしい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-05-26 10:59 | 登羊亭日乗 | Comments(1)
Commented at 2018-11-09 16:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< ドキュメンタリスト トルネードハンター >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧