人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

生き急ぐ

後には風が吹くばかり

少年マガジン編集長内田勝は、打ち合わせのため池上にある大伴の仕事部屋を訪れたのは6年間で100回は下らないだろう。むろん、そのときは仕事部屋の隣に実家があるとも知らないまま通うことになったのだが。

部屋の中は風変わりだった。5個以上の掛け時計が時を刻んでいる。10を下らない数の懐中電灯が机、本棚、壁、階段脇などそこかしこにぶら下がっている。大伴は異様に地震を怖がった。もし襲来して停電になっても脱出できるように、懐中電灯を備え家具には夜光塗料のシールを貼っていた。偏執的なものを内田は感じた。

打ち合わせも型破りであった。机をはさんで大伴と内田が向かいあう。大伴は手を動かせて下図やロゴを描きながら内田と巻頭図解の新しい企画について相談を練るのだ。傍らのテレビは音を消して画面だけが生きている。内田の背中にはスクリーンがあって16ミリフィルムが投影される。たいていコマーシャルフィルムかSF映画がこれも音なしで流れている。ご自慢のステレオにはLPレコードが掛かって音楽が流れている。ラジオからは深夜放送が絶え間なくトークが聞こえてくる。

大伴は内田と会話しながら、手を動かして画を描き、耳はレコードとラジオに傾け、目は内田を見たり画を見たり映画やテレビの映像を見たりするのだ。聖徳太子ではあるまいし、一度にいくつものことを同時に行うのだ。
人の話を聞きながら他のことをやっているという無礼ではない。

内田は口には出さなかったが、大伴が痛ましいと思った。「なにか、この人は焦っている、生き急いでいる」――。

明け方近くなって疲れると、大伴は内田を2階の座敷に招いた。そこに夜具などない。座布団を二つ折りにして枕にし、また向かい合って企画や人の噂をするのだった。内田はこれを「トモさんの千夜一夜」と呼んでいた。

夜が明けると内田は帰ってゆく。まるで「後朝の別れ」ではないか。タクシーの拾える国道まで大伴は送ってくる。
タクシーに内田が乗り込むのを見ると、大伴は「では、また昼過ぎに社で」と言い置いてきびすを返して帰ってゆく。サンダルでとぼとぼ帰る姿を見ながら、風呂も台所もないあの家に帰ってどうするんだろうと内田は半ば心配しながら不思議に思っていた。

 内田は知らなかったが、大伴は隣の実家に戻り仮眠をとっていたのだ。興奮して眠れない大伴の話を母アイはよく聞かされていた。内田編集長とは波長が合うし、二人でやりたい仕事があるのだと、夢見るように大伴は話していた。内田は母アイを知らないが、母は内田をよく知っていたのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
生き急ぐ_c0048132_1322740.jpg

by yamato-y | 2006-05-23 13:14 | 大伴昌司の遺産 | Comments(0)
<< 幽草 インタビュー雑観 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧