人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

インタビュー雑観

インタビュー雑観

津野海太郎さんと話をしていて、お互いに気づいたことがある。インタビュー一つとっても、文章と映像ではかなり差があるなということだ。
津野さんは晶文社の名編集者であり現在和光大学で表現ということを教えたりもしている。

おそらくディレクターと編集者が同じ人物にインタビューするとしても、インタビューの仕方は違うしインタビュー内容も結果も大きく異なることだろう。

人と出会って、人から話を聞くというのは傍で見るほど簡単ではない。

例えば、取材ノートを持ち出すか持ち出さないかでもインタビューの場は大きく変わる。
ノートを取り出した途端、相手方が口を噤むことになりかねないので、その場でノートをとらず、終わった後でメモを作るという方法。
反対にノートをとりながら相手の話を一つ一つ確認しながら聞いていく方法。

映像の場合は最初からカメラという「記録装置」が話し手の目の前に置かれてあるから、ノートを出そうと出すまいと関係ないではないかと思われそうだが、そうではないのだ。

カメラの存在は、インタビューを開始して3分もすれば話し手の意識から消える。話し手が意識するのはインタビューする人(インタビュアー)のみになる。

だから話を聞いていると緊張で疲れることがある。相手の目を見ないで話を聞くと、相手は話す意欲を失ってゆくことが多い。だから目を見て話しをしてゆくのだが、これが辛い。
恋人同士ならともかくまったく他人の目をじーっと見つめる、しかも何分も何十分もなどという芸当はなかなかできるものではない。
先年、オノ・ヨーコさんに話を聞いたときは辛かった。あの黒目勝ちの大きな目でじっと見つめられるのだ。身じろぎ一つせずに。

 だから、先輩から教えてもらった方法を私は使っている。それは相手の目のすぐ下を見つめることだ。微妙に真下だ。相手とまともに視線を交わらさないポイントを見つめることだ。これなら長丁場にも耐えることができる。

 映像のインタビューで恥ずかしいのは、聞き手の底意が見えることだ。こういうことを聞き出そうと誘導しているインタビューほど浅ましいものはない。ワイドショーに多い。これは見ていて、こちら側が恥ずかしくなる。
 インタビューがうまいなあと思う人は筑紫哲也さんだ。特に政治的でない野球や芸能のときの好奇心旺盛な場合の筑紫さんはいい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-05-23 11:12 | ブログコミュニケーション | Comments(0)
<< 生き急ぐ ワタナベ支配人 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧