人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

再放送・案内

再放送・案内

3月に放送した、
ETV特集
「木村伊兵衛の13万コマ~よみがえる昭和の記憶~」
好評なので再放送になりました。
5月20日(土)14時35分~16時5分 教育テレビです。前回見逃した方はどうぞご覧ください。以下、番組の宣伝文です。

日本写真史において、土門拳と並びリアリズムの最高峰と呼ばれる木村伊兵衛。その死から30年を経て、今その膨大なまなざしの記録が改めて注目されている。高度経済成長を遂げる前の日本人の姿、日本社会の光景がまざまざと甦ってくるからだ。

 木村の撮った日本は、戦後の焼け跡から復興していく都市の表情や、経済成長に抗うように生きる農村の人々など、13万コマに達する。そのフィルムのベタ焼き(密着プリント)の中には、撮影行為の過程を示すものや、漠然と撮ってしまったものなど、木村が生きた時間が丸ごと封じ込められている。木村がどう被写体を選び、どう歩み寄り、どこでシャッターを切ったかが手に取るように分かる。これらをもとに、評論家と写真家、が、木村伊兵衛の作品性と新たな人物像、さらには彼が生きた昭和という時代の特性をあぶり出していく。

○東京、1947~1954
 40代の木村は報道写真家として時々の話題を追いかける合間に、戦後日本のささいな、しかし印象的な光景にシャッターを切り続けている。上野の屋台のステッキ屋、日劇前の洋画ポスター、浅草パナマ帽の紳士たち、本郷や江東界隈の路地など──。今はもう名残りすらない、高度経済成長前夜の生き生きとした東京の瞬間を、木村は“居合抜き”と称される素早い技術で切り取っていた。

○秋田、1953~1971
 木村は毎年秋田を訪れ、列島改造以前の原風景を19年間、撮影し続けた。圧倒的な量のベタからは、木村と秋田の人々との深い心の交流が読み取れる。収穫する農夫、絣の着物の書生、田で働く母子、たくましい農耕馬。さりげなく、しかし感動的に写し出された写真群からは、木村はなぜ農村に引きつけられたのかが見えてくる。木村は、日本の農村の消えゆく風景に何を見いだそうとしていたのか──?

<出演>
  評論家・川本三郎
  写真家・荒木経惟
  写真家・田沼武能
  歴史家・テッサ・モーリス・スズキ

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-05-18 13:45 | 新しい番組を構想して | Comments(2)
Commented at 2006-05-20 20:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by eaglei at 2006-05-28 05:21
また来ました、川本三郎さんのことを知っているかと思いまして・・・。
僕はファンなのです。
何でも良いのですが、川本さんのHPとかブログとか分かったら嬉しいです。よろしくお願いします。
<< はり100本 惜別の唄 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧