人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

三木清問題

ハイデッガー批判をヒントにして

ドイツの哲学者マルティン・ハイデッガー。20世紀の思想史に大きな足跡を残している。私は最後まで読んだことがないが、その著『存在と時間』は有名だ。

その彼がユダヤ人でもある師匠のフッサールと決別して1930年代にナチスに入党、フライブルク大学の学長に就任する。学長就任演説である『ドイツ大学の自己主張』はナチズムとの関連もありつとに有名な演説。ニーチェの影響を大きく受けたと言われる。一方あのハンナ・アーレントとも不倫の関係があり、戦後ナチ協力として批判され引退を余儀なくされたとき、窮地を救ってくれたのがそのアーレント(彼女はユダヤ人)でもある。ハイデッガーの人生は数奇で、複雑な生き方をした人だ。

日本との関わりも深く、戦前には、多くの日本人弟子がハイデッガーの元に留学した。とくに、和辻哲郎、九鬼周造、三宅剛一、三木清らが知られている。
三木清はハイデッガーがナチに転向したとき、いち早く批判した。その批判の論拠となったのは西田幾多郎の考えであったと、唐木順三は書いている。その一部を紹介する。

《物となって考へ、物となって行ふ、我々が歴史創造において一となると言ふことは、何処までも科学的と言ふことが含まれてゐなければならない。徹底的に科学的といふことでなければならない。何処までも真実に行くといふことでなければならない。そこに神の言葉を聞くと言ふことでなければならない。》という西田幾多郎の言葉を三木は引用して、ハイデッガー批判の論陣を張ったというのだ。

 つまり、ハイデッガーは論理をしっかり追い求めることを投げ出し、ニーチェ的、原始的自然への回帰、ディオニソス的舞踏へ没入していったと、三木はハイデッガーを批判し、理性の、ロゴスの権利こそ回復せよと願ったというのだ。

 と、ここまで唐木順三の『三木清』を読んできたのだが、ふとさきほどの「物となって考え」という西田の言葉が気になったのだ。西田はあの言葉に続けて次のようなことを語っている。《我々が物となると言ふことは、歴史的世界の自己形成の一つの仕方として、歴史的事物となると言ふことである。それは物質となると言ふことでもなければ、生物的となると言ふことでもない。原始的自然となると言ふことでもない。それは何処までも具体的理性となると言ふことでなければならない。そこには論理が尽くされなければならない。》

 この言葉こそ、われわれジャーナリズムに身を置く者が心して耳を傾けねばならないものではないだろうか。このところテレビは目に見えない世界に対し無批判でありすぎるのではないか。論理を尽くして考えていないのではないか。小泉首相の曖昧で意味不明の言説に幻惑されっぱなしになっているのではないか。なにより、作り手は正気で具体的理性を働かせているだろうか。
三木清はあの戦争の、暗い谷間の時代にあって、ずっと理性を働かせて生きたのだ。
そして、敗戦後40日も経って獄中で死ぬという悲劇が三木を襲うのだ。「三木問題」は今われわれに鋭く迫ってくる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-05-16 14:28 | Comments(0)
<< 春や春 キトラ発掘顛末② >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧