人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

キトラ発掘顛末①

キトラ発掘顛末①

奈良県明日香村のキトラ古墳(特別史跡)の極彩色壁画「白虎(びゃっこ)」が一般公開された。会場の奈良文化財研究所飛鳥資料館には日に3000以上の考古学ファンが訪れ賑わっているというニュースを聞くと複雑な思いに駆られる。あのとき、私たちが悩み苦しんだことはいったい何なのだろうと思ってしまうのだ。

キトラ古墳は、奈良県明日香村大字阿部山にある直径約14メートルの古墳で、7世 紀末から8世紀初め頃に作られたと推測される。藤原京の「聖なるライン」の延長線、高松塚古墳と同じ方向に位置している。

私の大先輩になる堀田謹吾チーフディレクターは、高松塚のブームが一段落したとき、キトラと地元で呼ばれる古墳に注目した。一説によればキトラは亀虎という意味で古墳にそれらが描かれていることからその名前が付けられたという伝説があったのだ。もし発見されれば高松塚に次ぐ大発見となるかもしれない。堀田は発掘を役場に申請したが、そこは私有地であり文化風致地区であったので、おいそれと発掘許可が下りなかった。

そこで、現状を破壊することがない特殊カメラをその中へ入れることを思いついた。ファイバーテレビカメラを内部に入れるアイディアだ。胃カメラのような構造をもった特殊カメラを開発することにしたのだ。

 NHKの技術研究所に委嘱してカメラの開発を行った。一方、現地調査を繰り返しておおよその内部の寸法を測った。その折、盗掘坑を発見する。この一度開けられた小さな穴を利用すれば、古墳の破壊を最小にできる。
このとき、技術的なアドバイスを与えたのが技術本部のエンジニア金井清昌だ。彼は技術屋らしくない好奇心の強い人物で、盗掘坑のこともカメラの延長システムも金井が考案し、堀田にアドバイスしたのだった。

そして1983年、テレビカメラによる石室内の調査が行なわれた。当時は誰も装飾古墳が眠っているとは思っていないので、何の問題もなくスタッフだけで調査ができた。そして古墳正面の玄武の壁画を見つけた。 感動して左右にカメラを振った段階で、ライトが消えカメラが故障した。やむなくカメラを引き出すが、最後にカメラが天井を撮ったとき星座のようなものが見えた、と金井は認知する。それはVTRには録画されなかったが。

以来、再度ファイバーカメラを挿入して、古墳内部を克明に撮りたいというのが、金井の悲願となった。

玄武だけだが、装飾壁画が発見されたと言うニュースは全国に轟いた。そしてNHK特集として放送され大きな反響を呼んだ。

それから15年後に再度調査が行われる。そのときの番組制作者に選ばれたのが、私だった。

(この項つづく)


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

キトラ発掘顛末①_c0048132_18383130.jpg

by yamato-y | 2006-05-15 18:20 | シリーズ作品回顧 | Comments(0)
<< キトラ発掘顛末② 町のルネサンス >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧