人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

四月は残酷な月か懐かしい月か

四月は残酷な月か懐かしい月か

TS・エリオットの有名な詩の中に、「荒地」がある。
最初の連は思いがけない詩句ゆえ、読むものの心を火傷させる。

四月はもっとも残酷な月、
死地からライラックをそだて、
記憶と欲望をまぜあわせ
だるい根っこを春雨で刺戟する

この詩の衝撃は、日本の詩人たちをとらえ、「荒地」は有名な同人の名前となる。
たしか黒田三郎も吉野弘もそこに属したことがあったと、記憶するが。

イギリスの詩人に比べ、江戸の俳人の春愁は穏やかだ。加舎白雄(寛政の人)は、
人恋し灯ともし頃を桜ちる

そして、江戸中期の俳人与謝蕪村の感覚は現代の私にとっても違和がない。どころか、繊細な感覚をすくいとってくれる。そういう切れ味のいい蕪村とは別に、落語の「薮入り」さながらの人情を歌いあげた「春風馬堤曲」は、何度読んでも感動する。馬堤とは大阪淀川の毛馬の堤をさしている。

故郷春深し行き行きて又行行く
楊柳長堤道漸くくれたり

船場の店を出て毛馬の実家まで、里帰りする娘。春はとっぷり深い。土手の柳も長く続いていて、日もしだいに暮れてきた。家路を急がなくては。

矯首はじめて見る故園の家黄昏
戸に倚る白髪の人弟を抱き
我を待つ春また春

この部分を三好達治はこう訳している。
《娘はきれいなうなじをあげ、見ると、やっと故郷の家が見える。あたりは夕闇が訪れている。その中に家のあかりが赤くなつかしくともっている。近寄ると、早くも自分をみつけて母が外へ出て待っているのが、夕闇の中にぼんやり見える。やっとお母さんの顔がはっきり見えてきた。白髪もめっきりふえている。弟もいっしょに出迎えしてくれている。
ああ、お母さんは、こうして、春ごとにわたしの帰ってくるのを待っていてくれるのだ。》
 大阪出身で、母思いだった三好達治の心がこもった解説だ。
俗っぽいかもしれないが、この曲を読むごと、私はトム・ジョーンズの「思い出のグリーングラス」を思い出す。
♪汽車から降りたら 小さな駅で 向かえてくれるママとパパ
手を振りながら呼ぶのは彼の姿なの 思い出のグリーングリーン グラス オブ ホーム

山上路夫の名詞だ。原曲は死刑囚が前の晩にふるさとを思い出したよという内容だが、山上が織り上げたのは、与謝蕪村の世界だった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-04-26 17:44 | ふるさとへ | Comments(0)
<< 夏目漱石の声① 長期取材―五つ子のドキュメンタリー >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧