人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

不完全燃焼症候群

不完全燃焼症候群

「村の船頭さん」という童謡を思い出した。
♪村のはずれの船頭さんは 今年六十のおじいさん
私が子供の頃、六十歳といえばたしかにおじいさんだった。今、その年に迫るのだが自分がおじいさんとは思えない。納得できない。まだいくつか仕残したことがあると思えてならない。このまま隠居なんてことは考えられないのだ。

友人の中には孫もいる者もいる。そういう境遇のものはおじいさんの風貌、考え方に自然と変わっていくようだ。新しいことに関心をもたず、好きな趣味と孫の写真で十分という人がたしかにいる。

私としては、まだ番組作りにしても年少のディレクターなんかに負けない、作品性の高いものをあと10本くらい作ってみせると、見得を切りたいところだ。
だが、先日韓国取材で、老いの現実を見てしまった。意気は軒昂でも体がついていかないのだ。体力がない、持久力が弱る、器官をコントロールできない、こらえ性が減る、など。

ではこの現実を受け入れて、温和しく閑居できるか。できない。
老いてますます読書は増え見聞が広がり智慧がつくようになれば、それを映像化したいと願うのは当然のことと、私にはある。そこが、今の私の悩みだ。頭と体が一致しないのだ。ギャップはますます広がる。

おそらく映像でなければ、文字表現であればこういうことで悩むことはなかったろう。七十八十になっても筆を折らず、錬磨した井伏鱒二のような文豪もいたから。
映像の世界でも、劇映画は高齢でもメガホンを握る人はいる。黒木和雄だって75歳までやっていた。だがドキュメンタリーとなると、大先輩の吉田直哉のような人でも60を境に作らなくなっているのが現実だ。

やりたいけどできない、これが定年世代の悩みとなる。まだ自分の能力を使いきっていないという、不完全燃焼状態にある。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-04-24 14:49 | Comments(0)
<< 二度切られた「無法松」 風の丘を越えて >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧