人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

映像の省略法

映像の省略法

「よく出来ているよ」と内田勝さんに薦められて、梶原三兄弟を描いた映画「すてごろ」を見た。
「巨人の星」の原作者梶原一騎とその弟たちの話だ。次弟の真樹日佐夫を哀川翔が、梶原を奥田瑛二が演じている。

 昭和20年代、のちの梶原一騎こと高森朝樹とその弟、高森真土(のちの真樹日佐夫)、高森日佐志は喧嘩に明け暮れる日々を送っていた。
数年後、梶原は時代を牽引するようになる。「少年マガジン」編集長、牧野武朗一が現れる。
梶原は『巨人の星』で「少年マガジン」の発行部数を当時としては奇跡的な100万部にまで押し上げ、高森朝雄のネームで「あしたのジョー」を書くなど、時代を風靡する。
 一方、兄の陰で弟は葛藤していた。やがて真樹日佐夫は寝る時間も惜しんで書き上げた作品『兇器』でオール読物新人賞を受賞する。兄弟揃って手に入れた成功、だが二人にはまだ試練が待ち受けていた…。

映画には寺田農のナレーションが入り、昭和11年から編年で物語が進む。ドキュメンタリーの様相を呈している。この辺を内田さんは評価しているのかな。その内田勝役を国村隼といううまい役者が演じていた。

挿話が多すぎて大きな物語がはっきり浮かび上がってこないというのが、この映画を見ての私の印象だ。映画的感興が薄いと思った。すてごろというタイトルどおり、喧嘩や格闘技の場面は専門家の目が効いていてさすがと思うが、語り口(ナラティブ)が梶原に向かうのか真樹に向かうのかが揺れたまま推移していくのが辛い。

状況を説明して観客に分からせようとしていることが、逆に映画的に作品を小さくしているのではないか。
まったく唐突だが、伊丹万作の映画を思い浮かべた。文に省略があるように、伊丹は映像の省略を試みていて、映画の完成度を高めているのだ。評論家今村太平も高く評価している。例えば、志賀直哉原作「赤西蛎太」を映画化したときも、いわゆる文芸映画を作る気はなく、視覚的イメージを簡潔に提示して印象明瞭な場面を作り上げていった。くどくどしく説明はしない。画で語らせ、全てを言わない。観客は画を断ち切られても尚、想像力は動いているので自分の中で「映像」をつないでゆくのだ。そこを具体的に画にしてしまうと、想像力がしぼみ、観客の内部の躍動感が衰えてゆく。すなわち、わくわくしない。

まったく劇映画というものは難しいものだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-04-18 12:41 | Comments(0)
<< 小津をめぐって 自由の墓碑銘 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧