人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

若葉のツヴァイク道

若葉のツヴァイク道

紅葉山、峰の自宅を出てから大磯駅まで12分。そのうち5分がツヴァイクの山道だ。
最初の坂は谷に向かって急に落ちる。谷から風が吹き上げてくる。階段となって17段下りながら左に折れる。谷間の眺めが広がる。けやきやクヌギの大きな木の下草が萌えている。野の花は今が盛りだ。今朝は、そこにシートを広げて4人の婦人が弁当を食べていた。若葉見物といったところか。赤や黄の包み紙が気になった。ゴミはきちんと持ち帰ってくれるだろうか。秘密の花園に踏み込まれたみたいな気がして、少し嫌なかんじ。これって、狭量かしらむ。

さらに急坂を10㍍ほど行くと右に曲がる。そのあたりはイタドリがいっせいに芽を吹いている。さらに、左に折れるとそこから麓まで長い一本道となる。長い坂の途中には、古墳が崩れて石室を露にしている。
今朝は光が強く坂道には木の影がいつにもまして濃い。「羅生門」のあの最初のシーンに似ている。志村喬が扮する樵が山道に分け入っていく、あの宮川一夫が撮影した名シーンだ。

ツヴァイクの道と呼んだのは、オーストリーの作家シュテファン・ツヴァイクに因んだということは以前書いた。この作家を好きになったのは、『権力と闘う良心』という小説を読んだからだ。物語もよかったがこのタイトルが好きだった。これを訳したのは片山敏彦。私はこの人の言葉が好きだ。同じツヴァイクの『人類の星の時間』とか『昨日の世界』とか片山の日本語が美しい。先日、古書店で片山のエッセー『橄欖(かんらん)のそよぎ』を手に入れた。カンランとはオリーブのことだが、私はなぜかバルコンに立っている人物が彷彿として現れる。バルコンの前に木があって葉を茂らせているイメージが浮かんでくる。空はマグリット色、白い雲が流れている。
私のツヴァイク好みは、この片山によるところが大きい。

ツヴァイクはザルツブルグの自邸があるカプチーノ山をよく散歩した。その散歩道に大磯ツヴァイク道を見立てたのだ。30年前、カプチーノ山を訪ねたことがある。山といっても丘にすぎない。ツヴァイクの時代と違って車が走るようになっていたが、緑豊かな山に石畳の道が続いていた。

本家より大磯ツヴァイク道が勝っているのが、道の終わりだ。ツヴァイクの道を降りてきて麓に出る手前で、前方に海が広がるのだ。正面に江ノ島が見える。晴れた日には三浦半島、遠く房総まで見える。この海と出会う瞬間こそ、わずか5分のツヴァイクの道を駆け下りる喜びとなる。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
若葉のツヴァイク道_c0048132_1415474.jpg

by yamato-y | 2006-04-17 14:07 | 登羊亭日乗 | Comments(1)
Commented at 2012-02-10 22:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 自由の墓碑銘 光の魔術師 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧