人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

あの戦争の映画

ハワイマレー沖海戦を見て

昨夜、ハワイマレー沖海戦を見た。山本嘉次郎監督作品だが、特撮技術に円谷英二が貢献したとして知られる。その円谷の技術のほどを見てみようと、最近発売されたばかりのDVDをレンタルして見たのだ。

いわゆる戦記もので、戦闘シーンを中心とした60分ほどの映画だろうと、たかをくくって見ると、2時間におよぶ堂々たる作品だった。少年飛行兵が成長していって、ハワイ真珠湾攻撃に参加して戦果をあげるまでの人間の成長物語になっていた。主役の名前は知らないが、脇には大河内伝次郎、原節子、藤田進、進藤英太郎など、戦前の人気俳優が勢ぞろいしている。

戦前の長閑な田園から始まる。電柱はなく車は走っておらず、道はでこぼこの未舗装で山紫水明をまさに絵にした風景。懐かしさがこみ上げる。登場する人物も典型的な役割を果たす。母は慈母、姉はかしこく慎ましく、妹は可愛くお茶目。飛行学校へ入学してからも厳しいが情味のある教官、精神主義そのものの指導者、古武士然とした航空母艦艦長。見事なまでに人物が清く正しい。

軍隊のなかで交わされる友情、子弟の交流は流行りの言葉を使えばホモソーシャルそのものだ。そういえば、亡父は戦争について何も語らなかったが、3年に一度開かれる戦友会にはいつもいそいそと出かけていた。高野山まで行って戦死した仲間のことも弔ってきたということをいつか聞いたが、なぜ悲惨な戦争体験を懐かしむのか、当時学生だった私は理解できなかったが、この映画を見ていると、その仲間意識の生まれる土壌というのを見た思いがする。

真珠湾攻撃で完勝するなかで、敵の掃射を被弾した一機が煙を吐きながら、敵艦に突っ込んで行く場面がある。操縦士は風防を開けて、友軍機に向けて手をふる。やがて急降下する。その場面に「尊い犠牲」という字幕が出る。顔は見えないが手をふる青年の笑顔が見える気がする場面だ。感動とも怒りとも悲しみともいえないものを、私は身内に感じた。

前にも書いたが小学校高学年から中学校2年まで私は戦記少年だった。戦記雑誌「丸」を愛読し、アサヒグラフの戦争特集などにいつも目を奪われていた。好きなものは、重巡洋艦「古鷹」と「鳥海」だった。その私が心奪われたマンガはちばてつやの「紫電改のタカ」だ。「あしたのジョー」の100倍好きだった。その最終シーン。被弾した戦闘機がぐんぐん大空の彼方へ向って上昇してゆく。こめかみから一筋たらりと血を流したパイロット、意識はだんだん薄れて行く。やがて機は日輪の中へつっこんでゆき、その光の中で消失する…。
これはマンガだったが、私は感動で打ち震えた。
こういうことに共感する私は危ういのだと、大学生になってからずっと自分を律し戒めてきた。「軍国主義」にからめとられる庶民の弱さ、と否定してきた。そのことは今も変わらないが、この映画のような場面に出会うと、突然、熱いものが内側からこみあげる。

一方、霞ヶ浦の飛行学校での訓練風景には嫌悪を感じた。皆同じように行動させられロボットのように走る。ファシズムのもつ息苦しさ。弱弱しい感情はいっさい捨象させられた「軍隊」。

この両義的な私の感情というものを、別のテキスト(叔父の戦死)でこれからも考えて行こう。

最後になったが、円谷の技術は目をみはるものがある。当時の世界の水準をはるかに越えている。ただ、こういう映画を作ったことを、山本嘉次郎も円谷英二も戦後どう考えていたのだろうか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-04-15 11:53 | Comments(0)
<< 遅日幻想 「みんなのうた」 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧