人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ゴジラの悲しみ①

怪獣の登場

先日の大伴昌司の会で、「宝石」の元編集長大坪直行氏から耳寄りな話を聞いた。大伴が怪獣に興味をもったのは「ゴジラ」の原作者香山滋をインタビューしてからだというのだ。それまで怪獣という存在にそれほど関心をもっていなかったが、香山の話を聞くにつれ大伴の目がらんらんと輝いていったのだ。香山の影響で大伴が怪獣開眼したとすれば、怪獣博士大伴昌司の原点はゴジラか――。

 昭和29年11月3日文化の日、東宝映画「ゴジラ」は封切られ大評判となる。
その年の3月1日、遥か南方のビキニ環礁で水爆実験がアメリカによって行われる。日本の漁船第5福竜丸は被災し23名の乗組員は被曝する。日本人の脳裏にその9年前に起きた広島、長崎の悪夢がよみがえった。マグロは核汚染されたとして不買が起こり、雨が降るとストロンチウム90が含まれていて、直に浴びると頭の毛が抜けるという流言が飛び交う。当時6歳だった私もこのときのことはよく覚えている。梅雨に入って長雨が続いたとき、母はうるさいほど帽子をかぶれカッパを着ろと小言をいった。

 そして9月3日、乗組員の久保山愛吉さんが放射能障害によって亡くなる。ついに犠牲者がでた。世論は硬化した。原水爆禁止運動が高まってゆく。草の根からついに原水協にまで発展していくことになるのだ。

ゴジラは、水爆実験の影響で南海の海底深くに潜んでいたジュラ紀の恐竜が突然に変異してよみがえり、日本を襲うという物語として構築される。このおおよそのストーリーラインは田中友幸プロデューサーが構想した。彼の中には少年の頃に見たアメリカ映画「キングコング」があったのだ。このアイディアを彼のお気に入りの小説家香山滋に伝えて、原作を書いてもらうことにした。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
ゴジラの悲しみ①_c0048132_17331028.jpg
ポスターのキャッチフレーズがすごい。水爆大怪獣映画と銘打っている。「放射能を吐く大怪獣は日本全土を恐怖のどん底に叩き込んだ」
by yamato-y | 2006-04-12 17:24 | 大伴昌司の遺産 | Comments(0)
<< 黒木監督死す パリから届いたDVD >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧