人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

青春のときわ荘

ときわ荘の青春

大伴昌司の映画を作りたい。そのときにモデルとして参照しようと考える映画は、「3丁目の夕日」と「ときわ荘の青春」だ。
「夕日」はまだパッケージになっていないので詳細は知らないが、CGの多用が気になってやや私のイメージから遠い気がしている。そこで、名作の誉れ高い「ときわ荘の青春」を参考にしようと本日見た。

市川準監督はかなり偏向した趣味の持ち主なので、当方と一致すればいいがと危惧しながら見た。案の定、時代の再現、空気の表出に相当凝っている。音量がアンダーなのも、妙に芝居っぽくしたくないということか。セリフがぼそぼそと聞き取りにくく、役柄もぼんやりとしか表れない。これまでに知っているマンガ戦国史の全知識を動員して視聴することになった。おおよその物語の背景を知っていて、ドラマ性を観客当方でつむぐという、厄介な「異化効果」の映画である。

あらわれる光景、風景は懐かしさがあって(使用されている写真は、あの木村伊兵衛と田沼武能)そこには惹かれるが、人物像が主人公の寺田ヒロオ以外もやもやとした群像だ。何より、彼の愛好する野球がしっかり描かれていない。相撲の場面も弱い。市川監督は子供の頃あまり遊んでいないのではないか。勉強だけできる「優等生」だったのではないか。
 流れる音楽が懐メロだ。「夢淡き東京」「胸の振り子」「君待てども」「港が見える丘」、すべて私の好きな曲ばかりだ、が、果たしてときわ荘の時代と合っているのだろうか。やや古いというかんじがしたが。時代背景をあらわす手立てとしての音楽の扱いだったが、もっと積極的に位置付けできないだろうか。例えば、寺田の胸に流れるメロディ、忘れられない思い出の歌とか。
-―と不満を持ちつつそれでも最後まで見てしまった。
 寺田のマンガに対する愛情、そして商業主義に流されまいとする苦悩がいまひとつ見えてこない。ただ寺田を演じる本木雅弘は魅力的だ。寡黙で穏やかで、悲しい。

この物語の現場を発掘したNHK特集『わが青春のトキワ荘~現代マンガ家立志伝~』をリアルタイム(1981年)で見たことがあって、そのドキュメンタリーと比較しながら見た部分もあった。その点でいえばアパートの佇まいを映画はよく捉えていた。場もいい、役者もいい、時代もいい。だったらもっと会話をしっかり立たせればいい映画になったのに。

 いざ自分が映画を作るとなると、いままで批評してきたことも自分に跳ね返ってくるから大変だと、思うだろうか。私は全然そう思わない。見るのと造るのは大違いということは先刻承知だから。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-04-09 19:28 | 大伴昌司の遺産 | Comments(1)
Commented by monsieur-meuniere at 2006-04-09 19:58
映画の話、面白そうですね!!ぐっときました。実現したら夢みたいです。

市川監督の「ときわ荘の青春」は、僕も前に見たのですが、見た後、あの「ぼそぼそ、もやもやした感じ」が、不思議と印象に残りました。見ている最中は、「藤子不二雄や石森の会話がもっと聞きたい」とイライラしていたのですが、見終わってからじわっと来ました。もしかしたらあれは、寺さんの追憶、回想だったのかな、と思ったりしました。だから細部があやふやで、現実感のない感じになっていてるのかなと思ったんです。つげ義春が「あの人はいい人過ぎる…」といって立ち去るところが印象的でした。

参考になるか分からないのですが、「ときわ荘モノ」では、藤子不二雄A氏の作品「まんが道」と、現在も連載中の「愛、知りそめし頃に」は全部持ってます。「愛知り」は、付録に、当時の資料がいっぱい載っていて面白いです。
<< 人生の別れのときのとき 影の国、北陸 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧