人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

姜尚中さんと再会

熊本の鉄ちゃん

夕方、オフィスの前で姜 尚中(カン サンジュン、강상중)さんと会った。久しぶりだった。ハンサムな東大教授はニコニコ笑いながら歩み寄って「ずいぶん長いこと会っていませんね。今何を作っていますか」と、大きな手で私の手をかたく握った。いやあ、そう言われると近年「冬のソナタ」とか「植木等」とか「ペルソナα」とか、硬いドキュメンタリーは作っていないから口ごもってしまう。
だけど、姜 尚中さんと会うと嬉しい。本当に懐かしい。
先日、私の仲間が企画した番組で姜さんがフランスへ行ったと聞いていたから、その番組のために来たのではないかと思って、問うと、そうだと答えた。「たいへんでした。現地は深刻でした。今度のフランスの若者のデモがラストシーンになると思いますが、実際に現場を見てきてよかったと思います」と、相変わらず真面目に先生は受け応えする。

 姜さんとは10年ほどの付き合いとなる。最初は「未来潮流」という番組だった。まだ韓流もなく差別が公然とあった時代だ。先生は指紋押捺拒否に関わっていてずいぶん苦労していた。在日韓国人の期待の星だった。たしか当時は国際基督教大学の准教授でマックスウェーバーの研究家だった。私と仕事をした前後ぐらいから、「朝まで生テレビ」に出演することが多くなり、論客として知られるようになってゆく。

でも私に一番印象に残っているのは4年前に撮影した、「課外授業・ようこそ先輩」である。このとき、姜 尚中さんの故郷熊本へいっしょに行ったのだ。山の麓にある母校清水小学校で、姜さんは6年生に「世界と出会う、自分と出会う」という授業をしてもらった。こどもたちは5班に分かれて市内の外国人(カナダ、バングラディッシュ、韓国など)を訪ねてコミュニケーションを試みるという授業だ。
姜 さんは教室で、自分は小学校の頃永野鉄男と名乗っていたことを話す。野球が得意な鉄男少年だった。友達から鉄っちゃんと呼ばれていたのだ。でも、あとになって本当の名前を獲得しなくてはと決意し、姜 尚中となったと、こどもたちに一生懸命話した。そして政治学とはみんなが仲良く暮らすことができることを目指す学問だよと話した。こどもたちはまっすぐ姜さんをみつめていた。私は番組を制作しながら、感動していた。
 授業をした夜、スタッフは熊本のホテルに泊まったが、姜さんは実家にもどり一晩泊まった。八十歳になるオモニが待っていたのだ。オモニは誇らしかったし嬉しかっただろう。
薮入りの寝るやひとりの親の側

 いつだったか忘れたが、姜さんと酒を飲んだことがある。あまり先生は飲まなかったが、楽しくなって、ゴールデン街の「とんぼ」へ案内した。店主のアキコさんはおおいに喜んだ。ここには池明観さんも来たことがありますと告げると、あの白皙が崩れて、目にしわが出来た。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

姜尚中さんと再会_c0048132_21192877.jpg
課外授業をする姜さん
by yamato-y | 2006-03-30 21:15 | 魂のこと | Comments(0)
<< 花の美しさ 財布を忘れた >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧