人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

海の彼方へ向かって

 きよさんへ

さきほどブログの記事チェックをして、中国に住むきよさんからのコメントを連続して拝読し、事情を理解いたしました。きよさんが語っていた恋はテレビ番組とはまったく関係なかったですね。すみません、事情が分からず頓珍漢な答えをしました。

海を隔てた遠い国の人と、こうして感情を行き交うことができることに不思議さと有り難さを感じています。

きよさんは貴方は今青春にあるのですね。
青春、朱夏、白秋、玄冬。
私はもう玄冬に近い白秋にすむものです。あなたのような季節は遠くになりました。あふれるような思いをかかえていた時代から遠く離れて、それを回想していることに喜びをもつことが多くなっています。

「命短し 恋せよ乙女」は戦前の、というか大正4年の流行歌で、題はゴンドラの唄といいます。黒沢監督の映画「生きる」で重要な主題曲として使われて有名です。

 いのち短し 恋せよ少女(おとめ)
  朱(あか)き唇 褪(あ)せぬ間に
  熱き血潮の 冷えぬ間に
  明日の月日は ないものを

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-03-30 00:12 | Comments(2)
Commented by きよ at 2006-03-30 10:32 x
昨日わけのわからないぶしつけなコメントをして申し訳ありません。
返事をいただいてありがとうございます。
凄く嬉しかったです!
青春、朱夏、白秋、玄冬、それぞれそれなりの美しさがあると思います。私からみれば、貴方は長い歳月の淀みを持つ優雅なお方です。その淡々とした文章の書き方も気に入ります。
昨日は「昨日の世界」を少しだけ読みました。戦争は私の世代から遠く離れています。ですから、彼の苦痛よく理解できません。私たちは平和に甘えすぎるのではないだろうかと自分に問いかけました。大学の三年間、SARSでいろんな人この世から去ること
と家族との死別は私にひとつのことを教えてくれました。死は私たち人間に投げかけられた宿命です。それに逆らえないから、いまのうちに、身の回りの人を大切にすべきことです。
Commented by きよ at 2006-03-30 11:01 x
人と人の結びつきは確かに不思議ですね。
私が大好きな「ジャン・クリストフ」の一節を引用します。
向き合って数分間止まったその車室から、二人はひっそりした夜の中にたがいに顔を見合った。そして言葉を交えなかった。
通俗な言葉以外に何を彼らは言い得たであろうか?彼らのうちに生まれ出で、内心の幻覚の確実さの上にのみかかっている、相互の憐憫と神秘な同情とのえも言えぬ感情は
通俗な言葉では汚されるに違いなかった。たがいによく知らないままで顔を見合ったその最後の瞬間に、彼らは二人とも、一緒に暮らしてる人たちから見らるるのとは、まったく違えた見方で、互いに相手から見られた。
すべては過ぎ去る、言葉や接吻や恋しい肉体の抱擁などの種々の思い出は。
しかしながら、数多の一時の形象の間で、一度触れ合ってたがいに認める魂と魂との接触は、けっして消え失せるものではない。
アントアネットはそういう接触を、長く心の奥に秘めたーその心は、悲しみに包まれてはいたけれど、オルフェウスの仙境の霊を浸してる光に似たおぼろな光が、悲しみのまん中に微笑んでいた。
<< 財布を忘れた 人と人の不思議な結びつき >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧