人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

時代の制約

木戸銭を払う客はあまくないぞ


ツタヤでビデオを4本レンタルしてきた。まず2本見た。溝口監督の戦時中の作品「名刀美女丸」とハンフリー・ボガードの「マルタの鷹」だ。
溝口作品はたいしたことがない。解説では戦争のさなかにあって、軍部をうまく篭絡させてこの作品を作った、などと美談になっているが、いわゆる講談調で勧善懲悪の月並を抜け出てはいない。そういうものだと思う。小津にしろ溝口にしろ黒澤にしろ、彼らが戦前から傾向映画としてやってこれたとは思えない。みな時代の制約下にある。
 だからたいしたことがないということを言うつもりではない。むしろ、そういう制約のもとで、大衆芸能として製作してきた監督たちがどこから作家意識に目覚めたかが気になるのだ。

 80年代のころから映画の芸術性が喧伝されるようになり、監督たちがずいぶん問題意識をもった作家のように評価されることが多くなった。はたしてそうなのか。小川徹ではないが深読みではないのか。映画製作の現場では実際的な理由で撮影したことなど、さも意味ありげに説く批評が近年多くなったと感じる。蓮見という人物のもってまわった批評の仕方には胡散臭さを感じてしかたがない。彼の影響ででてきた映画関係者を立教派とくくるそうだが、黒沢清の映画はそれほどたいしたものなのだろうか。

 どうも、さきほど恵比寿からの帰り道に東京写真美術館でのことが腹にすえかねてか、見るものすべてにけちをつけたくなる心境だ。というのは、入館して500円の入場料をとられたがとても展示はその代金にみあう代物ではなかった。3つの展覧会があって、全部通すと1200円、ひとつだと500円というので、「日常の中の私」というのだけに私は限定して観覧した。
はいって、20分で見終わるような貧弱な展示、写真だというのにムービーで表現するコーナーが多い。「カラス」という作品には噴飯より怒りを覚えた。背景にうっすら島影がある。解説によるとそれは硫黄島。その前景にカラスのむれがちらちらと飛ぶという映像。音声には戦時中の「東京ローズ」のディスクジョッキーの録音が流れる。
これが何だというのだ。近年増えているカラス公害をあるポイントから見る、などという陳腐な解説がついていたが、とても批評の対象にならない。思わせぶりな硫黄島、東京ローズ、不吉なカラス。

 同じ料金で見た目黒美術館のアニメ作家の展示のほうがはるかに優れていた。写真美術館はこんなことでいいのか。なぜ常設展がないのだ。写真芸術の凄みをきちんと伝えるべきではないか。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-03-26 20:28 | Comments(0)
<< 増村保造の実力 人食い(カニバリズム) >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧