人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

人食い(カニバリズム)

苦い夢

今朝、明け方に苦しい夢を見た。人肉を食べる夢を見たのだ。
どういう経緯でそうなったかは不明だが、相棒と二人でいた。彼がそのブツを調理してくれたのだが。
手早く、部位を切り離し、焼いたり煮たりする。調理したものを、私の前に持ってくる。「よく火を通したから大丈夫だよ」とか相棒はぶっきらぼうに言う。
だったら君が食えよと言いたいが、私は声がでない。

まず、腕一本を私はかじる。ケンタッキーのチキンのように、ももにはサクッと歯がたつものの、噛みすすむうちに筋がぷつっぷつっと切れて、身が毛羽立ってくる。とそこで夢の場面が変わる。

胸が裂かれて心臓が取り出される。そのまま熱湯でボイルされる。茹で上がった心臓にはびっしり繊毛が生えている。(まるでスモモのようだ)
そのハートに包丁が入る。輪切りにされたブツが皿に盛られて、私の前に持ってこられる。
私は箸でつまんで口の中に入れる。飲み込もうとすると、急激に嘔吐感が襲う。ゲホと咥えたままむせる。苦しくて涙が出る。夢はそこで終わった。

目が覚めても鈍い。いやなかんじが身内に残っている。なぜ、こんな夢を見たのだろう。

 そういえば、人食いの語カニバリズムはカーニバルと同じ語源だったはずだ。まさか、私の中で何か祝祭する気持ちがねじくれてあるというわけでもなかろう。

 中野美代子の名著『迷宮としての人間』にはカニバリズムの詳細な論証があったことを思い出す。上田秋成、久生十蘭、武田泰淳、サド、スウィフト、星新一、と膨大な人肉嗜食の論考だった。よくまあ、これだけおぞましくもなく列挙したものだ。中野さんという人は女傑と聞いたが、聞きしに勝る。
中井英夫は、この本の書評で不思議なことを述べている。「人肉というものは金魚や蟻と同様、試食しなくても確かにその味を知っていると思わせる不気味な存在」

人間は無意識に人間の味を知っている。

ただいま2時、広島から戻ってきて目黒にいる。今から、恵比寿のつたやへ行こうと思う。ここには珍しい古い作品が多数あるのだ。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
by yamato-y | 2006-03-26 13:25 | 登羊亭日乗 | Comments(2)
Commented by dohachi at 2006-03-26 13:33
人間は不可解な生き物、潜在的に殺人者であるようですね。
Commented by t-Fiction at 2006-03-27 01:43
中野美代子さんって「カニバリズム論」って本書いてましたよね。
人間が人間を食うことをタブーにしたのも人間ですが、中国とかはよく喰っていたらしいですね。
<< 時代の制約 チープな旅のささやかなぜいたく >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧